導入美容液

導入美容液の仕組みを美容のプロ(BA)が徹底解説!

2023年1月18日

スキンケアの効果をさらに高めてくれる商品をお探しですか?

現在、導入美容液やブースター美容液が人気ですが、その仕組みはご存知でしょうか?

今回は、導入美容液の基本的な仕組みと、自分の肌質や年齢に合った選び方を解説します。

はぴ子

この記事はこんな人におすすめ!

  • いまいち今のスキンケアで効果が感じられない人
  • 導入美容液と美容液って同じでしょ?という人
  • 炭酸の導入美容液ってどんな効果があるか知りたい人

「導入美容液についてもっと理解したい!」「自分に合ったものを使いたい!」という方は、ぜひご一読ください。

導入美容液とは

導入美容液は、洗顔の後に使用し化粧水の入りを良くしたり肌の汚れを拭き取ることができるアイテムです。

スキンケア化粧品の成分はほとんどが水分で、皮膚の1番上に存在する角質層は油分を多く持っています。

水と油は混じわりにくいため、化粧水はお肌に浸透しにくいという性質があります。

そこで、プラスやマイナスといった電荷や界面活性剤などを使って水と油を混じわりやすくすることで、使用するスキンケアアイテムがお肌に入っていくことを手伝っています。

化粧水は大半が精製水や水溶性の成分ですが、訴求成分も少々含まれており、浸透していくように作られていますが、導入美容液を使用して先に浸透しやすい肌を作っておくことにより、化粧水のみを使う時よりも、導入+化粧水を使う時の方がよりお肌に浸透してくれます。

導入美容液は美容液の仕組みと何が違う?

美容液とは化粧水の前や後などメーカーにより順番が異なり、ハリや美白、乾燥などあらゆるお悩みに合わせてお肌のケアを行うためのものです。

導入美容液とはスキンケアの最初に使うことで、角層の浸透を良くして化粧水などがお肌に入るのを手助けするものです。

導入美容液を使用してスキンケア用品を浸透しやすくした後は、化粧水や乳液を使用するのが基本です。

スキンケアに美容液をプラスすることで、さらに肌悩みにアプローチすることができます。

美容液は、肌をいきいきとさせ、つややかな肌へと導くとともに、ストレスや加齢によってできたシワを軽減する効果があります。

また、肌本来のうるおいを保ち、肌のバリア機能を保護し、抗酸化物質を与えて肌を若々しく保つ手助けをします。

美容液を選ぶ際には、天然成分やオーガニック成分を配合し、肌から天然の保護オイルを奪わないものを選びましょう。

さらに、オイリー肌、混合肌、乾燥肌など、自分の肌タイプに合った美容液であることも確認してください。

適切な美容液を使用することで、肌の質感とトーンが向上し、他のスキンケア製品の効果を最大限に引き出すことができます。

導入美容液のデメリット

導入美容液は、お肌の乾燥が気になる、ハリが欲しい、美白がしたい。などといった様々なお悩みがないお肌の人や、スキンケアに興味がない人には、あまり馴染みがないスキンケア用品です。

唯一のデメリットは、通常のスキンケアに加え、お金がかかること。

しかし、導入用スキンケア商品の費用を抑える方法はあります。

例えば、割引やクーポンで費用を抑えたお得な商品もたくさんあります。

また、定期的に届くように申し込めば、導入美容液が割引になる定期購入サービスもあります。

スキンケアが肌に入りやすい導入美容液は、安いもので900円、高いもので1万円以上と種類も多く、自分の予算に合ったものが見つかる可能性が高いです。

導入美容液(ブースター美容液)の選び方のポイント

肌質から導入美容液を選ぶ

通常の美容液やオールインワンジェルと同様に、導入美容液にも様々なタイプがあり、お肌の悩みに応じて使い分けることが大切です。

ここでは、肌質によってどのようなタイプがおすすめなのかについて紹介していますので、導入美容液選びの参考にしてみてください。

肌質おすすめタイプ選ぶ基準
乾燥肌とろみのあるオイルタイプ角質を柔らかくし乾燥予防できる
オイリー肌ふき取りタイプしっかり油分や角質を拭きとれる
混合肌乳液にちかいタイプ保湿力に特化したもの
敏感肌とろみがあり、成分が優しいものセラミドを補うもの
肌質によるおすすめの選び方

肌質による導入美容液の選び方は、下記記事にて詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

【導入美容液】の効果を高める使い方|スキンケアに導入美容液を取り入れる正しい順番とは?

続きを見る

年齢に応じた導入美容液の選び方

年齢に応じてどのようなポイントを参考に導入美容液を選べばよいか?それぞれみてきましょう。

年齢おすすめタイプ選ぶ基準
20代~30代成分が少ないもの保湿しすぎるのは注意
30代~40代ヒアルロン酸・グリセリン・
ジメチコンが配合されたもの
オイルフリー・ノンコメドジェニック
40代~50代シミやくすみを
カバーしてくれるもの
美白効果のあるもの
60代~オイルベースのもの乾燥・シミ・しぼみを
カバー
年齢によるおすすめの選び方

年齢に応じた導入美容液の選び方は、下記記事にて詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

【導入美容液】の効果を高める使い方|スキンケアに導入美容液を取り入れる正しい順番とは?

続きを見る

導入美容液(ブースター美容液)の種類

導入美容液の種類について紹介します。

導入美容液には大きくオイルタイプ・ジェルタイプ・泡炭酸タイプなどの種類があります、

それぞれの特徴についてまとめましたのでご覧ください。

みやっきー

自分の肌質・悩みに合ったタイプを選ぶことが重要です

種類タイプ特徴おすすめの人
オイルタイプ肌のごわつきを抑制乾燥肌
ジェルタイプ肌馴染みが良いオイリー肌
泡炭酸タイプ炭酸の泡で血行促進肌のくすみ
ハリ感UP
導入美容液の特徴一覧

オイルタイプの導入美容液

オイルタイプの導入美容液は肌表面のごわつきを抑えてくれる働きがあります。乾燥肌が特に気になる方にオススメです。

ジェルタイプの導入美容液

ジェルタイプの導入美容液は肌馴染みがとてもよく使いごことが非常に良いです。乾燥肌以外に脂性肌の方にもオススメです。

泡炭酸タイプの導入美容液

肌の上で炭酸の泡がパチパチと弾けるため血行が非常に良くなります。肌のくすみの改善やハリ感を上げることにも繋がります。

こちらの「産後の美容液・導入美容液【おすすめ】シワとシミに効果的!選び方と必要な成分」では、導入美容液の選び方についてまとめていますので、是非参考にしてみてください。

導入美容液がおすすめの人

スキンケアが肌の中に入りにくい人

スキンケアが肌の中に入っていかず、表面にとどまっている人には、とてもおすすめです。

導入美容液を使って化粧水などのスキンケア用品を肌の内側に届けることで、化粧水などに含まれる水分や肌の栄養分が肌の内側から入っていき、肌の悩みを解決するための第一歩を踏み出すことができるようになるのです。

美容液は、肌の表面に乗せるだけのスキンケア商品とは異なり、肌の何層にも浸透して、肌がすぐに取り込めるような強力な成分を沈着させます。

これらの美容液は、通常のスキンケアでは使用されない成分を含んでおり、異なる方法で作られていることがわかります。

そのため、色素沈着、シワ、傷、乾燥、くすみなど、さまざまな肌悩みに対応することができます。

さらに、美容液にはエイジングケア効果だけでなく、他の化粧品を重ねるための下地として、水分を閉じ込め、表皮を保護するバリア機能を持たせることができます。

いつものスキンケアに導入美容液を使うことで、クリームや保湿剤、フェイスオイルなどの愛用品のパフォーマンスを高め、憧れの肌を実現することができるのです。

次にいつものスキンケアでは何か物足りないと感じる人におすすめです。通常のお手入れに導入美容液を加えることで、通常のお手入れの効果がより高くなります。

いつものスキンケアでは物足りないと感じている人

いつものスキンケアに何か物足りなさを感じている人におすすめなのが、導入美容液です。

いつものスキンケアに導入美容液をプラスすることで、いつものお手入れがより効果的になり、その効果も高まります。

特に導入美容液は、水分バランスを整え、肌を引き締め、若々しいツヤを与える効果があります。

そのため、自分の肌タイプやニーズに合った導入美容液を選ぶことが大切です。天然植物由来成分や抗酸化物質など、自分の肌の悩みに合ったものを探しましょう。

有効成分の濃度に気を配り、個々のニーズに最も適した処方を選びましょう。

テクスチャーや香りにも気を配り、わからない場合は専門家に相談し、自分に合ったものを選びましょう。

この製品を日常生活に取り入れる際には、既存の製品との相乗効果で最大限の効果を得られるよう、一貫性を持たせることが重要です。

肌へのちょっとした気遣いが、長期的に肌を健康的に保つことが出来ます。

血行を良くしたい人

血行を良くしたい方には、導入美容液がおすすめです。

これは、炭酸が配合されている導入美容液に限ります。炭酸で肌の血行を良くすることで、細胞の新陳代謝を高め、微小循環を促進し、肌への浸透力を高めるなど、さまざまな部分に作用します。

さらに、炭酸は他の成分を素早く吸収し、スキンケア全体の効果を高めてくれるのです。

肌の血行が改善されたこの美容液は、細胞の損傷を防ぎ、肌に栄養を与え、新しい細胞を生み出すことで、より健康で若々しい肌へと導きます。

さらに、抗炎症作用があり、肌の健康を促進しながらダメージから肌を守ることができます。

この美容液の使用により、肌の弾力性の向上、皮脂分泌の調整、肌のトーンの改善、シワや小ジワの減少、シミやくすみの減少、全体的に滑らかで柔らかい肌の外観などのさまざまな効果を期待することができます。

こちらの「導入美容液(ブースター美容液)効果なし?必要ない?」では、導入美容液が必要あるのか、無いのかについて詳しくまとめていますので、是非ご覧ください。

導入美容液の仕組みまとめ

スキンケア化粧品の値段はピンからキリまで様々なものがあります。スキンケアの手助けの化粧品ではありますが、使うことでいつものスキンケアをワンランク上にあげてくれます。

それぞれの肌質や悩みに合わせて、さまざまなタイプのものがあります。

導入美容液の通販で、自分の肌タイプや悩みに合ったものを探してみましょう。

どの製品を選んだとしても、最大の効果を得るためには、普段のスキンケアとは別に、コンスタントに使用することを心がけてください。

ただし、1週間に1~2回程度の使用から始めて、反応を見極めましょう。スキンケアの効果を最大限に引き出すには、量より質にこだわることが効果的です。

また、購入前に製品の成分を調べ、検討することも重要です。

ヒアルロン酸とビタミンCは肌を明るくするために理想的なコンビですし、アンチエイジングクリームにはレチノイド、ペプチド、抗酸化物質が必要です。

スキンケアの一環として、常に高品質の日焼け止めを使用しましょう。

日焼け止めは、美容液や保湿剤と連動して、有害な太陽光線から肌を最大限に保護することができます。

自分のお肌のタイプや悩みに合わせて選び、自分に合った導入美容液を見つけてみてください。

最新の導入美容液はこちら

マリノブライズ ※1,980円で定期縛りなし

シワとシミ両方ケアできる日本唯一の有効成分配合!

マリノブライズ悪い口コミ【動画あり】40代私の体験談!シワ・シミへの効果は?MARINOBRISE導入美容液

続きを見る

ビハセラム ※2,178円で定期縛りなし

医薬部外品なので、効果・効能への信頼も高く安心して使える!

ビハセラム導入美容液の口コミは効果なし?【動画あり】解約はメールと電話どっちかチェック

続きを見る

産後のシミに効く美容液が知りたい」という方に、こちらの記事にて最新の美容液をまとめていますので、どうぞご覧ください。

よく一緒に読まれている記事

導入美容液の仕組みを美容のプロ(BA)が徹底解説!

カナデル 解約

カナデルの解約は2回受取後から?3分間電話でカスタマー...

ディオール美容液カプチュールトータルルセラムの口コミ!...

nur(ヌーア)ホワイトローション化粧水の悪い口コミは...

ビハセラムの解約できない理由!メールでも大丈夫なのか調...

  • この記事を書いた人
Avatar photo

みやっきー

美容が好きで、昔からメイクやスキンケアに興味があり化粧品検定を取得しました。美容のお悩みや商品に関する最新情報をお届けします。日本化粧品検定1級

-導入美容液
-,