まつ毛美容液

【まつ毛美容液】を使う前に色素沈着について必ず知っておきたいこと!

2022年10月17日

まつげ美容液や色素沈着の副作用の可能性について、知らない人も多いのではないでしょうか。

この記事では、これらの製品について知っておくべきことを説明します。

また、どのような人が使うべきなのか、どのようにすれば安全に使えるのかについてもアドバイスします。

まつげ美容液や色素沈着が気になる方は、ぜひご一読ください。

まつげ美容液で起きる色素沈着

まつげ美容液を使用すると、副作用として色素沈着が起こることがあります。色素沈着は、美容液に含まれる有効成分が皮膚と相互作用することによって起こります。色素沈着は、一時的なものと永久的なものがあります。また、色素沈着は目の周りに限定されることもあれば、体の他の部分に広がることもあります。

色素沈着とは何ですか?

色素沈着は、皮膚や爪が黒くなることです。日光への露出、特定の薬物、特定の皮膚疾患など、さまざまな要因によって引き起こされる可能性があります。

まつげ美容液による色素沈着は、まぶたの周りの皮膚が紫色や赤黒く変色することです。この副作用は稀ですが、まつげ美容液の使用を検討している方は、注意が必要です。このような症状が出た場合は、美容液の使用を中止し、医師に相談してください。

まつ毛美容液で色素沈着が起きる理由

なぜこのような現象が起こるのか、いくつか考えられます。ひとつは、美容液の有効成分によってメラニンが過剰に生成されている可能性です。もうひとつは、美容液が目の周りの皮膚を刺激し、炎症を起こして色素沈着を引き起こしている可能性です。

ここでは代表的な原因として考えられるいくつかのケースをご紹介します

瞼を擦る事で目立つ場合がある

血流の増加によるかゆみや不快感、強い力で目をこすることは、皮膚を傷つけ、皮膚の自己防衛反応としてメラニン色素を増加させます。さらに、まばたきが増えることで目の周りの筋肉が疲れてたるみ、目の周りに影ができ、色素沈着が目立ちやすくなることもあります。

まつ毛美容液を塗る量が多い

まつ毛美容液をつけすぎると、目元にメラニン色素が沈着し、くすみ、クマ、赤み、さらにはまぶたのくぼみや垂れ下がりの原因になることがあります。

アレルギー反応によるもの

製品に含まれる成分に対するアレルギー反応により、目の周りの炎症を起こしている皮膚が黒く見えることがあります。人によっては、軽いアレルギー反応にとどまる場合もありますが、重い反応を示す場合もあります。

ビマトプロストが含まれている場合

ビマトプロストは合成プロスタグランジンの一種で、もともとはまつ毛の生育不良の治療に使われていたものです。

ビマトプロストを配合したまつ毛美容液の多くは、育毛効果が高いと言われています。しかし、ビマトプロストにはメラニン色素を活性化させる作用があるため、副作用として目の周りの皮膚に色素沈着が起こる可能性があります。

日本では、ビマトプロストを含む製品は「医薬品」に分類され、医療機関での処方が義務付けられています。そのため、薬局で市販されている日本のまつ毛美容液には、ビマトプロストは配合されていません。

しかし、インターネット上で販売されている海外製のまつ毛美容液には、ビマトプロストが配合されているものが多いので、消費者は注意が必要です。

紫外線の量が蓄積されている場合

目の周りの皮膚は、他の部位の皮膚に比べて薄くデリケートなため、紫外線によるダメージを受けやすくなっています。そのため、そのダメージが色素沈着を引き起こし、皮膚が黒ずんでしまうのです。

普段の生活リズムの乱れによって起きる場合

メラニン色素がうまく排出されないと、色素沈着が起こる危険性があります。メラニン色素は肌のターンオーバーによって排出されますが、このプロセスは乾燥やビタミン不足、睡眠不足などさまざまな要因で乱れることがあります。色素沈着を防ぐには、ターンオーバーを正常化する効果もあるまつ毛美容液を選ぶことも大切です。

まつ毛美容液を安全使う為の工夫

新しい製品を使うときは、まずパッチテストをすることが大切です。手首の内側に少量の製品を塗布し、24時間待って反応があるかどうかを確認します。

反応がない場合、製品は指示通りに使用できます。ただし、赤み、腫れ、かゆみなどの症状が出た場合は、使用を中止し、医師にご相談ください。

化粧品によるアレルギーは比較的まれですが、それでも起こる可能性はあります。どんなに肌にやさしいといわれる化粧品でも、使用前には必ずパッチテストを行ってください。

副作用の可能性はある?

まつ毛美容液や色素沈着製品の最も一般的な副作用は、目の周りの皮膚が一時的に黒くなることです。これは通常、心配するほどのことではなく、製品の使用を中止すると薄れます。まれに、皮膚刺激やアレルギー反応など、より深刻な副作用が起こることがあります。もし、何らかの副作用を感じた場合は、直ちに使用を中止し、医師にご相談ください。

使いかたの工夫で色素新着を防ぐ

まつ毛美容液を使うときは乾いた状態で使う

まつ毛美容液を塗る前に、目元を清潔にし、汗や水分を取り除くことが大切です。清潔なタオルや綿棒などで目元を軽くたたき、余分な水分を取り除きます。清潔で乾いた状態になったら、まつ毛の根元に美容液を塗布します。

周りに付いたまつ毛美容液はふき取る

まつ毛美容液を使用する際に、眼周囲の色素沈着を防ぐためには、眼周囲の美容液を取り除くことが重要です。これは、美容液が目の周りの皮膚を黒くする原因となるためです。これを避けるために、目の周りの余分な美容液は必ず落とすようにしましょう。

まつ毛美容液を塗る前にアイクリームを塗る

まぶたを刺激から守るために、まつ毛美容液を塗る前にアイクリームを塗ることをおすすめします。美容液を塗る前に、その日のメイクや汚れをきれいに落とします。クリームが目に入らないように注意しながら、まぶたにやさしくなじませます。クリームが乾いてから美容液をつけます。

まつ毛美容液を使うときは慎重に!

まつげ美容液は手軽にまつげを美しく見せることができる反面、ルールを守らないと健康を害する可能性があります。商品の知識をしっかり身につけることはもちろん、自分自身の身体の健康を保つことも大切です。

おすすめのまつ毛美容液が知りたい」という方に、こちらの記事にて最新のまつ毛美容液がございますので時間がある方はどうぞご覧ください!

  • この記事を書いた人
Avatar photo

はぴ子

自分の悩みだった小胸・抜け毛・ダイエット・スキンケアについて興味を持ち、化粧品検定3級取得。同じ悩みを抱える女性に役立つ情報を発信。アラフォーでも美しいボディを作り上げ自分らしく過ごしましょう♪

-まつ毛美容液
-