広告 フェムケア

春に脇が臭い3つの原因【必見】と対策方法!

2023年3月23日

春になると、多くの人が脇のニオイを悩むことがあります。

この記事では、春に脇が臭くなる原因とその対策方法を紹介します。

まずは、春に脇が臭くなる原因としてストレスや汗腺がなまっていること、気候の変化などを挙げます。

そして、これらの原因に対して服装やクリームタイプの制汗剤、シートタイプの制汗剤を使うなどの対策方法をご紹介します。

さらに、春に脇のニオイ対策が必要な人として、ストレスに弱い人や秋冬まったく汗をかいていない人などを挙げていきます。

ぜひ本記事を読んで、脇のニオイに悩まされない春を迎えましょう!

春に脇が臭くなる原因3つ

ストレス

春は卒業や入学、入社など多くの人にとって環境が大きく変わる時期です。不安や緊張、ストレスで急に汗をかいてしまうことが多い時期です。しかしそんなデリケートな時期なので自分のことを後回しにしがちです、拭き取ったり対策する余裕もない時期です。汗を放置してしまうことが多い時期なので嫌なニオイが発生しやすくなってしまうからです。

春は、卒業・入学・入社など、多くの人にとって大きな環境の変化がある時期です。

不安や緊張、ストレスが原因で、急に汗をかくことも少なくありません。

しかし、そんなデリケートな時期だからこそ、自分のことは後回しになりがちで、拭き取ったり対策したりする余裕もない時期です。

汗も放置されがちで、不快な臭いが発生しやすい時期です。

特に、面接やデートなど、身だしなみが重要視される場面ではなおさらです。

このような場面では、爽やかで清潔感のある香りを漂わせたいと思う方が多いので、急に汗の臭いが発生し始めたように感じると、恥ずかしくて不快に感じることが多いようです。

また、他人から臭いを指摘されると、さらに羞恥心や罪悪感を募らせることにもなりかねません。

汗腺がなまっている

秋から冬にかけては、寒いからと運動しない限り、夏に比べて汗をかく量がぐっと少なくなります。

つまり、汗腺の働きが低下するため、春先には汗腺の働きが鈍くなるのです。

汗腺が鈍ると、いつものようにサラサラとした水っぽい汗が出にくくなり、ベタベタした汗が出て、嫌な臭いが出やすくなります。

その結果、ベタベタした汗が肌に不快な膜を作り、汚れや細菌を閉じ込めてしまうため、サラサラとした水のような汗よりもダメージを受けやすくなり、炎症を起こしやすくなります。

また、夏に汗をたくさんかく人は、冬になると汗腺の働きが鈍くなり、十分な量の汗をかくことができなくなることがあります。

このような場合は、十分な水分補給と定期的な運動で汗腺を刺激し、汗腺を休眠させないようにする必要があります。

また、糖分やカフェイン、アルコールの摂取を控え、水分や果物の摂取を増やすなど、食生活を見直すことも、汗腺の衰えを緩和するのに役立ちます。

気候の変化

秋冬はあまり汗をかかないのに、春になると急に暖かくなるということはよくあることです。

朝は寒くて服装を間違えて暖かい格好をしていても、日中は暖かくなり、ニットなど脱いだり調整できないものは暑さで汗をかきます。

それを拭き取ったり、対策をしない限り、汗が残ってしまい、嫌な臭いの原因になりやすいのです。

これを避けるためには、気温が上がり始めたら、リネンやコットンなどの薄手の素材に変えることを検討するとよいでしょう。

通気性の良い素材は、タグにそのように表示されていることが多く、「吸湿性」「通気性」などの用語で、必要なものを見つけやすくなっています。

さらに、色の選び方も重要です。

明るい色は太陽の熱を反射して涼しく、暗い色は熱を吸収してさらに暑くなる可能性があります。

また、衣服に汗が付着すると、体臭の原因となる雑菌が繁殖しやすくなるため、こまめに着替えることが無臭を保つポイントです。

毎日、衛生的で清潔な服に着替えることが大切です。

春に脇が臭くなる人におすすめの対策方法3つ

服装に気をつける

春は天候が不安定で、寒かったり暑かったりするので、洋服選びが難しいですよね。

ニット一枚にするよりも、中を少し薄くしてカーディガンを羽織ると寒くなく、暑くなったら脱げるので体温調節がしやすいと思います。

通気性があると汗をかいても乾きやすいので、服装も対策のひとつです。

また、気温によって重ね着を調整できるので、重ね着をするのも有効です。

例えば、気温が低いときには、薄手のTシャツの下にネルシャツを着て、薄手のジャケットを羽織るという方法もありますが、その場所、その瞬間に感じる気温によって、いつでも調整することができます。

技術の進歩や市場に出回っている生地を活用することで、通気性が良く軽量な素材やテキスタイルが大きく進歩し、涼しくドライで、必要なときには暖かいという完璧なミックスを実現しました。

これらの素材は、どんな状況にも対応し、スタイリッシュでありながら、可能な限り快適な着心地を実現してくれます。

クリームタイプの制汗剤を使う

春は環境の変化で余裕がなくなる時期です。こまめな塗り直しができない環境になりがちです。お風呂上がりや出かける前にクリームタイプの制汗剤を仕込んでおくことで、塗り直す必要もないですし、一日中快適に安心して過ごすことができます。

クリームタイプの制汗剤は、皮膚の一番外側にバリアを作り、汗などの物質が表面に出てくるのを防ぎ、不快なベタつきを感じさせません。

さらに、肌を落ち着かせ、保湿する効果もあります。さらに、バクテリアの繁殖やその他の刺激から肌を保護し、涼しく快適で落ち着くことができるのです。

シートタイプの制汗剤を使う

春は誰にとっても忙しい時期で、1日の時間がどんどん少なくなっていくように感じます。

しかし、どんなに忙しくても、お手洗いには必ず行きますよね。

そこで便利なのが、シートタイプの制汗剤です。

お手洗いで使って捨てていくことができますし、汗を吸収するパウダーが含まれているのでその後快適に過ごすことができます。

このパウダーは、肌の汗を吸収することに特化したもので、一日中、快適で匂いのない状態を保つことができます。

春に脇のニオイ対策が必要な人

元々汗をかきやすい体質の人

春は気候の変化が激しく体温調節が難しいです。元々汗をかきやすい人はすぐに汗をかいてしまいます。多汗症の人はこまめに対策をしないとニオイが発生しやすくなります。

春は気候の変化が激しく、体温調節が難しい時期です。

もともと汗をかきやすい人は、すぐに汗をかいてしまい、気温の変化による不快感や苦痛を感じやすくなります。

そのため、自分の体温を効果的に管理する方法を模索している人もいることでしょう。

多汗症は、医学的には「汗をかきすぎる」状態であり、早急に適切な治療を行わないと、不快な臭いの原因となりやすい。

幸いなことに、科学的に証明された治療法が数多く存在し、汗に関する問題を解決するのに役立つことが知られています。

制汗剤や特殊なパッド、ライナーの使用、皮膚科医が推奨する処方箋の使用などがあります。

緊張しやすくストレスに弱い人

環境が変化しやすい春は、汗をかく機会も多くなります。

この時期は湿度が高くなり、息苦しくなって体力を消耗したり、場合によっては緊張してコントロールできなくなりやすくなることもあります。

そのため、制汗剤を持ち歩いたり、扇風機で風を送ったりと、こまめな対策が必要です。

また、汗を積極的に吸い取り、汗ジミを作らない衣類も登場しています。環境の変化に対応できるような工夫をすることで、湿度の高い環境下でも汗をかかない健康的な体をつくることができます。

秋冬まったく汗をかいていない人

汗をかかない人は、汗腺の働きが鈍く、久しぶりに汗をかくとベタベタした汗をかき、不快な臭いが出やすくなります。

汗を適切に管理するためには、自分の体に合った制汗剤の種類を考えることが大切です。

一般的に、スティックタイプの制汗剤は使いやすく長持ちし、クリームタイプは肌なじみが良いことが多いようです。

また、香水などの香りの強いものを避けることも、汗のにおいが強くなるのを防ぐのに有効です。

特に、脂肪分やニンニクを多く含む食べ物や飲み物は、食事に大きく影響します。

水を飲むことは、汗の臭いの原因となる細菌を洗い流すことができるため、汗と臭いの管理に高い効果を発揮します。

もちろん、体の衛生に気を配り、こまめにシャワーを浴びるようにすることも重要です。これは、皮膚に残った汗や細菌を洗い流すのに役立つからです。

まとめ

春は難しい季節です。

環境が大きく変わってストレスが多いことはもちろん、気候の変化が激しく寒かったり暑かったり。

汗のかき方が夏場と比べて不安定なため、嫌なニオイが発生しやすくなる季節です。

服装をあらかじめ調整しやすいように気をつけたり、制汗剤などの対策のものを持ち歩くことが大切です。

汗をかいたときに備えて、制汗剤やハンカチなどの対策グッズ、ボディスプレーの小瓶を携帯しておくとよいでしょう。

おすすめ汗クリームはこちら

ノアンデ ※24時間ニオイの原因菌をケア

ワキガも、デリケートゾーンの臭いもこれ1本♪

※この記事は、消費者庁国民生活センター厚生労働省の発信する情報を基に作成しています。

  • この記事を書いた人
アバター画像

まおっぴ

現在、化粧品開発の仕事をしていますが、美容ライターとして日々の業務で得た知識を活かして、自分を含めた女性がより美しくなるためのお手伝いをします。化粧品開発従事

-フェムケア
-