肌の悩み

笑いジワ意外と知らない3つの原因!筋肉・乾燥・紫外線

笑いジワ意外と知らない3つの原因!筋肉・乾燥・紫外線

笑いジワって、どうしてできるの?

どうすれば笑いジワって改善できる?

という疑問に答えます。

笑った時にできるシワって、老けて見えるから何とかしたいですよね。

この記事では、笑いジワの意外な3つの原因についてご紹介します。

知っているようでよく知らない、筋肉、乾燥、紫外線が笑いジワの原因になることをお話しします。

読んでいただくことで、笑いジワから肌を守るためのより良い方法を知ることができ美肌を取り戻すことができます♪

笑いジワの原因は筋肉

笑いジワの原因である筋肉のクセについてお伝えします。

笑い皺は筋肉に表情の癖が形状記憶されて出来ている事が原因だと考えます。とくにデスクワークが多い人は耳の上方にある側頭筋がこりやすく、目元の筋肉が疲労して硬くこわばり、笑い皺の跡がつきやすくなります。

また、年齢とともに皮膚のハリも失われていくため、笑う事で目の周りの筋肉がぎゅっと近寄り、目の周りに皮膚が寄り、ハリが失われた皮膚では皮膚の戻りが悪く、皺として表れている事も相乗効果になっていると考えます。

人は笑うと目が細くなったり口元が緩みます。表情筋が動いているということです。その動きによって肌が引っ張られ、形状を変えてしまいます。これが笑いジワを生み出しているのです。

また、年齢を重ねていくと、顔の筋肉も衰えていきます。若い頃は肌の弾力もあり、筋力もあるので笑ったときにしか笑いジワは出来ません。

しかし年齢を重ねると肌の弾力はなくなり、顔の筋肉も衰えてしまいます。その衰えによって元には戻らなくなり、笑いジワが次第にとれなくなってしまうのです。結果、笑いジワがより目立つようになります。

笑いジワの原因は乾燥

笑いジワの原因である乾燥についてお伝えします。

肌に水分が十分あり潤って弾力のある状態であれば、笑った時に皮膚が寄り、目元に折り目がついてしまった状態であったとしても、すぐに元に戻る事が可能。

しかし水分がなく乾燥して弾力を失った肌の状態(年齢とともにハリも失われている)では、笑った時に目元に折り目がついてしまった状態が、折り目のクセになってしまい、元に戻らず笑いジワになってしまいます。そのため、肌の乾燥は皺にかなり影響していると考えます。

年齢を重ねるとともに肌の乾燥が進んでしまうので、笑いジワはできやすくなってしまっています。これは肌が乾燥することによって肌のハリが失われ、硬くなってしまうからです。この状態になると、肌がダメージを受けやすくなってしまいます。笑いジワが出来る手前ということです。

肌が潤ってハリのある状態であるならば、笑いジワが出来てしまっても元に戻りますが、乾燥してハリが失われた状態ではクセがつき、元通りにはならないのです。

肌の保湿機能が低下している乾燥肌の状態が笑いジワやシワの予備軍を作り出しているのです。

また、年齢を重ねると肌は薄くなり、乾燥が進みます。加えて肌のハリ成分であるコラーゲンやエラスチンなど若い頃は十分にあったものが減ってきます。これらによってシワが出来やすい環境が整ってしまうのです。

笑いジワの原因が紫外線

笑いジワの原因である紫外線についてお伝えします。

紫外線はシワの原因になります。その原因は、紫外線の「UVA」波です。UVAはシワをはじめ、たるみやシミなど肌の老化の元凶にも。

UVAはUVBよりも波長が長く、肌の奥深くにある真皮層にまで達して、肌のハリやうるおいを守るコラーゲンやエラスチンなどの組織を破壊したり変性させたりします。

すぐに変化が出るものではありませんが、長年蓄積された紫外線によるダメージが肌の保湿機能を変化させます。結果として肌のハリを維持できなくなり、皺になってしまうのだと考えます。

紫外線は肌に悪い影響しか及ぼしません。トラブルを起こしてしまう大敵です。

肌が乾燥してしまうだけでなく、肌のハリを保っているコラーゲンやエラスチンという成分に悪い影響を及ぼしてしまいます。

このように肌は紫外線によってシワを引き起こすダメージを受けてしまいます。そのダメージによって肌の保湿が十分ではなくなってしまうのです。結果的に笑いジワを引き起こしてしまうのです。

また、私たちは紫外線に一年中さらされています。常に肌には負担がかかっている状態なのです。つまり笑いジワを生み出す状態を作り出しているのです。

厄介な笑いジワの改善策

1つ目は、目元の筋肉のこわばりをなくすために、マッサージやエクササイズを行ないます。

表情にはクセがあります。表情のクセを改善するためには、顔をほぐすことが最優先されます。具体的には口や目元の周りを中心にマッサージするとシワに効果があります。

2つ目は、肌の乾燥を予防するために、洗顔後の保湿や肌の乾燥を防ぐためにローションパックなどを行い、水分を満たすようにすること。

湿力の高い成分が入った商品を使うことです。ヒアルロン酸やコラーゲンといったハリ成分が配合されている商品でスキンケアをすると肌にハリが出てきます。

3つ目は、日焼け止めなどでしっかりとした紫外線対策を行い、肌に紫外線によるダメージを蓄積させないこと。

具体的には少しの外出でも日焼け止めをしっかり塗る、帽子をかぶったり、日傘をさします。紫外線を直接受けないように対策していくことが大切です。

以上が最低でも守るべき対策ではありますが、既に皮膚に織り込まれた折り目が改善しない場合、美容皮膚科などでボトックスをうち、皺を改善する事も手段の一つではないかと考えます。

笑いジワ意外と知らない3つの原因まとめ

この記事では、「笑いジワの原因」についてまとめました。ここで内容を振り返っておきましょう。

まとめ

  • 笑いジワの原因は、筋肉のクセ・乾燥・紫外線
  • 目元のケアはマッサージやエクササイズ
  • 肌の乾燥を防ぐためにたっぷりとした保湿

笑いジワは加齢による肌の乾燥や顔の筋力の低下によって引き起こされます。笑いジワが出来る目元や口元は皮膚が薄く、乾燥しやすい場所です。また、目や口は顔の筋肉の中でもよく動く場所でもあるので、笑いジワの跡がついてしまうのです。

また、年を重ねることで、肌の弾力もなくなるので、笑いジワがついた場所は若い頃のようには元にはもどらないのです。

対策としては保湿成分が入っている商品で肌のハリを補ってあげることです。高保湿成分のものを選んで使います。

マッサージを欠かさずに顔をほぐしてあげます。そして、1番大切なのが紫外線からの影響を受けないようにすると美肌を取り戻すことができます!