肌の悩み

シワができる仕組みとは?シワができやすい年齢に注意!

2022年10月8日

シワができる仕組みとは?シワができやすい年齢に注意!

シワって、どうしてできるの?

シワができやすい年齢っていつ?

という疑問に答えます。

顔のシワって鏡で見るたび嫌ですよね。この記事では、シワができる仕組みと、一般的にシワができる年齢についてまとめています。

肌を若々しく健康に保つことに関心のある方におすすめです。

シワの原因となる様々な要因やシワができやすい年齢が分かるので、今の自分に何が必要なのかわかります!

そもそもシワってなんなの?

シワができる仕組みの前に、そもそもシワって何?という知識からお伝えします。シワとは加齢に伴う肌の老化です。

肌の内側にはハリを保っているコラーゲンやエラスチンという成分があります。これらの成分が加齢によって減少してしまうことでキレイな肌を維持出来なくなってしまっている状態のことです。

また加齢による肌の水分不足でも肌のハリが失われることになります。

シワには大きく分けると2種類があります。1つ目は表面的な浅いシワと内面的な深いシワ。

表面的なシワは、肌に乾燥や紫外線といった刺激が加わることで表面上に浅くて、細かいシワが積み重なっていきます。

2つ目は内面的なシワは加齢によって肌の内側に変化がおこり、それが原因で深いシワが刻まれていきます。

皮膚は若いうちはハリがあり綺麗なのですが、加齢とともに乾燥し、しわができ、たるんいできます。

また、長年蓄積された紫外線や乾燥が皮膚のコラーゲンを破壊し、弾力性を失わさせ、皮膚の伸び縮みを吸収しきれなくなるため、伸びで縮んでたるんでしわになると考えられます。

紫外線に当たるとしわは増加します。皮膚の弾力性を破壊するからです。そのため、皮膚の弾力性としわには深い因果関係があるのです。

見た目が悪いシワは何故できるの?

シワができる理由は、主に3つあります。

1つ目は年を重ねることで肌のハリが無くなってしまうことです。肌が元々持っているハリ成分が少しずつ無くなっていくことで肌がたるんでしまいます。このたるみで皮膚が寄りやすくなりシワになるのです。

肌の老化に伴い真皮の膠原線維、弾性線維などが減少・変性して、張力・収縮力を保てなくなるとシワが出来ます。

肌の老化は経年変化(自然老化、生理的老化)と光老化に分けられ、経年変化については遺伝的素因の影響が少なくありませんが、真皮の線維の変性・減少は主に光老化によることがわかっています。

2つ目は乾燥や紫外線による肌への刺激です。

紫外線は皮膚の弾力繊維(皮ふの伸び縮みを受け持つゴムのようなもの)を破壊。

皮膚の弾力繊維が破壊されると皮膚の伸び縮みを吸収する事が出来なくなり、表情筋が形状記憶されてしまいます。

本来紫外線は人体に有害で、細胞のDNAを破壊するのです。紫外線で弾力線維が破壊されると、線維芽細胞という細胞が一生懸命弾力線維を再生します。

しかしながら後で出来上がったものは十分な機能を発揮できない不良品で、どんどん皮ふのゴムがたるんでくるのです。

人の肌は常に外の気温や湿度にさらされている状態です。気温や湿度が低い場所だと肌の水分は奪われてしまいます。そして乾燥してしまうのです。肌の乾燥は肌のキメが乱れてしまうのでキレイを保つことが不可能になってしまうのです。

また紫外線は肌のハリ成分を減少させてしまいます。乾燥も引き起こしてしまうのでダブルで肌を攻撃することになり、シワを生み出してしまうのです。

3つ目は表情のクセです。笑いジワや眉間のシワに代表されるように、様々な表情によって顔にはシワが出来ます。これがシワの出来始めに重なり、小ジワや深いシワとなるのです。

シワが出来る仕組みとは?

シワができる仕組みをお伝えします。

まず表面的なシワの仕組みです。人間の肌には本来キレイを保つ機能が備わっています。肌は日々、古いものから新しいものへと入れ替わっているのです。それを繰り返すことでキレイが維持されるのです。

これをいわゆるターンオーバー(新陳代謝)といいます。このターンオーバーの機能が低下したり、肌が水分を保つ機能が充分ではなくなったため、浅いシワが出来てしまうという仕組みです。

つぎに内面的なシワの仕組みです。

肌の内側では肌のハリを保つためにハリ成分が備わっています。それらコラーゲンやエラスチンといった成分が減少してしまった結果、肌が老化を起こしてしまうという現象なのです。

それが原因で肌の内側から深いシワを生み出してしまうという仕組みです。

肌の老化に伴い真皮の膠原線維、弾性線維などが減少・変性して、張力・収縮力を保てなくなるとシワが出来ます。

肌の老化は経年変化(自然老化、生理的老化)と光老化に分けられ、経年変化については遺伝的素因の影響が少なくありませんが、真皮の線維の変性・減少は主に光老化によることがわかっています。紫外線によって、真皮の線維を切断する各種酵素の活性が亢進する、あるいは過剰な酸化ストレスを生じるなどのメカニズムでしわが出来てしまうようです。

シワができやすい年齢に注意!

シワができやすい年齢があるので気を付けたいものです。

20代後半になったらシワが出来やすい状態にあります。元々あった肌の弾力や透明感は女性ホルモンの働きのおかげです。20代後半から女性ホルモンは徐々に減少してしまうために肌にも影響を及ぼし、シワにつながるのです。

また肌細胞が生まれ変わるターンオーバーの周期も年齢とともに長くなっていきます。20代では28日周期だったのが、30代・40代では40~45日かかるといわれています。

肌の生まれ変わりが遅くなると角質の硬化により肌のバリア機能が低下したり、キメの粗さにつながったりと、シワにつながる肌トラブルを引き起こしてしまいます。

しわは加齢による皮膚の弾力低下が原因とされるので、一般的には35歳くらいからどんどん増えてきます。

主に、加齢により皮膚の細胞の働きが落ち、コラーゲンやヒアルロン酸など肌のつやや弾力などを作る成分が減ることが原因だが、日頃から紫外線を浴びることにより、皮膚の細胞が壊れて新陳代謝のリズムが崩れる、それがしわにつながるため、35歳くらいからの皮膚の老化が叫ばれる年齢からしわを気にするように。

シワができる仕組みまとめ

この記事では、「シワができる仕組みや年齢」についてまとめました。ここで内容を振り返っておきましょう。

まとめ

  • シワは年齢以外に乾燥や表情のクセで作られる
  • 20代のシワは注意、30代以降のシワは要注意!
  • シワの予防や改善には正しいスキンケアが必須

シワは加齢とともに、もともと肌が持っていたコラーゲンやエラスチンというハリ成分が失われてしまった結果なのです。そこに乾燥した環境や紫外線などの外的要因が重なったために引き起こされた肌の経年劣化なのです。

年を重ねればどうしても避けることは出来ません。

これを少しでも遅らせるために必要なことが肌ケアなのです。肌ケアは20代後半からでも遅くはありません。シワを引き起こすものは何なのかをしっかり理解した上で正しいケアをすることが必要です。

最新の導入美容液はこちら

マリノブライズ ※1,980円で定期縛りなし

シワとシミ両方ケアできる日本唯一の有効成分配合!

マリノブライズ悪い口コミ【動画あり】40代私の体験談!シワ・シミへの効果は?導入美容液

続きを見る

ビハセラム ※2,178円で定期縛りなし

医薬部外品なので、効果・効能への信頼も高く安心して使える!

ビハセラム導入美容液の口コミは効果なし?解約はメールと電話どっちかチェック

続きを見る

おすすめのオールインワンの化粧品が知りたい」という方に、こちらの記事にて最新のオールインワンがございますので時間がある方はどうぞご覧ください!

おすすめの40代シワ化粧品が知りたい」という方に、こちらの記事にて最新のシワ化粧品がございますので時間がある方はどうぞご覧ください!

シワにおすすめのファンデーションが知りたい」という方に、こちらの記事にて最新のシワに効果のあるファンデーションがございますので時間がある方はどうぞご覧ください!

  • この記事を書いた人
Avatar photo

はぴ子

自分の悩みだった小胸・抜け毛・ダイエット・スキンケアについて興味を持ち、化粧品検定3級取得。同じ悩みを抱える女性に役立つ情報を発信。アラフォーでも美しいボディを作り上げ自分らしく過ごしましょう♪

-肌の悩み
-