ボディケア

デリケートゾーンのかゆみ病院で処方された薬とは?

デリケートゾーンのかゆみ病院での薬

この記事では「デリケートゾーン(陰部)のかゆみで使う薬」についてまとめています。

 

デリケートゾーン(陰部)がかゆいけど薬はどれ?

病院に行くと処方される薬を知りたい!

という疑問に答えます。

 

ムズムズかゆいデリケートゾーンの悩みは辛いですよね。そこで、私が30代後半からのデリケートゾーンのかゆみで病院へ行った体験談をお伝えします。

 

この記事で分かること

  • 実際に処方されたデリケートゾーンの塗り薬の名前
  • デリケートゾーンのかゆみ医師への伝え方
  • デリケートゾーンのかゆみに関する豆知識

 

デリケートゾーンのかゆみで薬をもらう病院は何科?

最初に、デリケートゾーンのかゆみは病院の皮膚科・婦人科・産婦人科のいずれかを受診します。男性の場合は泌尿器科です。症状のあるデリケートゾーン(陰部)を診察してらうことになりますが、性感染症の病気が隠れていることもあるので頑張って下さいね。

デリケートゾーンがかゆくなる理由は、3つあります。

かゆみの原因

  1. かぶれ
  2. 乾燥(VIO脱毛後などに多い)
  3. 性感染症

実際に診断が下るまで自己判断はせずに、病院へ相談しに行きましょう。

 

デリケートゾーンのかゆみ病院での使え方

私はデリケートゾーンのかゆみがひどかったので、皮膚科に1回と婦人科に2回診察へ行きました。担当医の方には、次のように相談をしています。

はぴ子
デリケートゾーンのがかゆいんですけど…

そうすると患部の診察になります。おりものの状態などから、医師が検査が必要だと判断すれば膣内から検体を採取します。

私の診断の結果は、性感染症ではなく陰部の皮膚が乾燥しているためのかゆみでした。

デリケートゾーンのかゆみで病院で処方してもらった薬がコレ!

婦人科で処方してもらったデリケートゾーンの塗り薬はこちらです。

  • ネリゾナユニバーサルクリーム
  • コンベック軟膏

それぞれ、詳しくみていきましょう。

ネリゾナユニバーサルクリーム

ステロイドの塗り薬(ネリゾナユニバーサルクリーム)が、デリケートゾーンのかゆみに処方されました。リンデロンなどと同じ部類の薬です。妊娠中のデリケートゾーンのかゆみには使用禁止となっています。

コンベック軟膏

コンベック軟膏は、非ステロイドの塗り薬です。赤ちゃんのおむつかぶれにも処方される薬でした。

デリケートゾーンかゆみの豆知識

ここでは、意外と知らないデリケートゾーンかゆみに関する知っておきたいことをまとめています。

デリケートゾーンのかゆみは皮膚科と婦人科どっち?

皮膚科と婦人科どちらを受診すればいいのか?については、婦人科の方が気まずくないのでおすすめ。なぜなら、婦人科では陰部の内診が普通に行われるためです。

皮膚科では陰部の診察は少ないと思うので、女性なら婦人科に慣れておいた方が都合がいいですよ!

 

デリケートゾーンにワセリンを塗っても大丈夫?

デリケートゾーンのかゆみに塗る薬がない場合は、ワセリンを塗っても大丈夫です。しかし、性感染症の疑いがある場合は保湿してもかゆみは改善しません。病院で抗菌薬を処方してもらい治しましょう。

『デリケートゾーンに塗るワセリンの選び方を知りたい』という方に向けて、下記の記事を用意しましたのでご覧ください。

デリケートゾーンかゆみワセリン
デリケートゾーンの【かゆみ】はワセリンで保湿!粘膜や黒ずみへの使い方の注意点

続きを見る

デリケートゾーンのかゆみで皮膚が白くなる理由

デリケートゾーンを掻きむしってしまうと、皮膚が白くなることがあります。新しい皮膚ができる前に掻いてしまうので、白くなっている可能性があります。病院での診察をしていない方は、頑張って相談へ行ってくださいね。

生理前にデリケートゾーンがかゆくなる理由

ちょうど生理前にデリケートゾーンがかゆくなるのは、ムレが原因の可能性が高いです。女性のカラダが敏感な時期なので、通気性のいい下着などで対策ができるといいですよ。

『生理前のデリケートゾーンかゆみ対策について詳しく知りたい』という方に向けて、下記の記事を用意しましたのでご覧ください。

デリケートゾーンのかゆみ生理前後【ツライ!】原因と最先端の対策方法

続きを見る

夜になるとデリケートゾーンがかゆくて眠れない理由

夜デリケートゾーンがかゆくて眠れないのは、自律神経が関係しています。疲労回復のためにも、ぐっすり休みたい方はデリケートゾーンのかゆみ寝れない!理由と5つの改善策という記事がありますのでどうぞご覧ください。

 

デリケートゾーンのかゆみで病院処方してもらった薬のまとめ

この記事では、「デリケートゾーン(陰部)のかゆみで使う薬」についてまとめました。ここで、記事の内容を振り返っておきましょう。

 

  • 病院は皮膚科・婦人科・産婦人科で薬がもらえる
  • かぶれ・乾燥は塗り薬のみ
  • 性感染症は抗菌薬が処方され飲み薬もある

 

ひどいデリケートゾーンのかゆみは、薬を正しく使って症状を軽くしたいですよね。市販の塗り薬もありますが、かゆみが継続している方は病院での診察がおすすめです。

先ほどもお伝えしましたが、婦人科の先生は常に陰部の診察をしているので、自分が心配するほどの問題はないので大丈夫!早く改善させるためにも、頑張って病院へ行き薬を処方してもらいましょう。

-ボディケア

© 2021 幸せママの美容ケアガイド