広告 産後に良い食べ物

体がだるいときに飲むべきサプリはこれ!原因別におすすめを紹介

2023年7月12日

「ああ、今日も体がだるい…」と思っているあなた。

体のだるさは、疲労が溜まっている証拠です。

疲労が溜まると、体の機能が低下し、病気になりやすくなります。

そんな危険な状態を放置してはいけません!

体のだるさを解消するには、エネルギーを補給することが必要です。

エネルギーを補給する方法としては、食事や睡眠、運動などがありますが、それらだけでは足りない場合もあります。

そんなときにおすすめなのが、サプリメントです。

しかし、サプリメントにはいろいろな種類がありますし、自分に合ったものを選ぶのは難しいですよね。

そこでこの記事では、体がだるい原因別に効果的なサプリメントをご紹介します。

この記事は以下の方におすすめです。

はぴ子
はぴ子

この記事はこんな人におすすめ!

  • 体がだるいと感じる方
  • 疲労回復に役立つサプリメントを知りたい方
  • 自分に合ったサプリメントを選びたい方

この記事を読んでいただければ、体のだるさを解消するためのサプリメントの知識が身につきます。

それでは早速見ていきましょう!

体がだるい原因別におすすめのサプリメント

まずはじめに、体がだるい原因別におすすめのサプリメントをご紹介します。

体がだるい原因は人それぞれですが、代表的なものとして以下の5つが挙げられます。

  • 加齢
  • 更年期障害
  • 不眠・ストレス
  • 消化機能の低下
  • 免疫力の低下

それぞれの原因に対応したサプリメントを摂取することで、体のだるさを改善することが期待できます。

では具体的にどんなサプリメントがおすすめなのでしょうか?

以下で詳しく見ていきましょう。

加齢による体のだるさ

年を重ねるにつれて、体がだるいと感じることが増えてきませんか?それは、加齢によって以下のような変化が起こるからです。

  • 筋肉量が減ることによる基礎代謝の低下
  • 血行不良
  • 活性酸素の増加
  • 新陳代謝の低下

これらの変化によって、エネルギーの生成や消費が低下し、体のだるさを感じやすくなります。

そこで、加齢による体のだるさにおすすめなのが、以下の成分を含むサプリメントです。

  • 有機マカ
  • すっぽん
  • ウコン
  • 酵母亜鉛
  • 田七人参
  • ビタミンB群

これらの成分には、それぞれ以下のような効果があります。

成分効果
有機マカ筋肉を増強させる成長ホルモンの分泌を促す
すっぽんビタミンEが血流を改善する
ウコンクルクミンが抗酸化作用で活性酸素を除去する
酵母亜鉛亜鉛が新陳代謝に使われる酵素の働きを高める
田七人参フラボノイドが血流を改善する
ビタミンB群ビタミンB2が老化を加速させる過酸化脂質を分解・除去する

これらの成分を含むサプリメントを摂取することで、加齢による体のだるさを軽減することができます。

更年期障害による体のだるさ

40代後半から50代前半の女性に多い更年期障害。

女性ホルモンバランスの乱れによって、体がだるいと感じることがあります。

女性ホルモンには、妊娠維持のためのプロゲステロンと女性らしさを作るエストロゲンがありますが、更年期に入るとエストロゲンの分泌量が急激に減ります。

その結果、体温調節や自律神経系などに影響を与え、体のだるさやほてり・冷え・不眠などの症状を引き起こします。

そこで、更年期障害による体のだるさにおすすめなのが、以下の成分を含むサプリメントです。

  • アグリコン型大豆イソフラボン
  • 高麗人参
  • 沙棘(サジー)
  • クコの実
  • ヘム鉄
  • マグネシウム
  • シトルリン

これらの成分には、それぞれ以下のような効果があります。

成分効果
アグリコン型大豆イソフラボンエストロゲンと似た働きをするエクオールを体内で作る力を高める
高麗人参ビタミンCやサポニンが活性酸素を除去する
沙棘(サジー)ビタミンCやポリフェノールが活性酸素を除去する
クコの実ビタミンCが活性酸素を除去する
ヘム鉄赤血球を作り、貧血による体のだるさを改善する
マグネシウム神経の興奮を抑え、精神的な体のだるさを軽減する
シトルリン血管を拡張し、血流を改善する

これらの成分を含むサプリメントを摂取することで、更年期障害による体のだるさを軽減することができます。

不眠・ストレスによる体のだるさ

不眠やストレスは、現代社会において多くの人が抱える問題です。不眠やストレスは、以下のような影響を与えて体のだるさを引き起こします。

  • 睡眠不足による成長ホルモンやメラトニンの分泌低下
  • ストレスによる副腎皮質ホルモンやアドレナリンの分泌過剰
  • 自律神経のバランスの乱れ

そこで、不眠やストレスによる体のだるさにおすすめなのが、以下の成分を含むサプリメントです。

  • テアニン
  • ラフマ
  • カモミール
  • レモンバーム

これらの成分には、それぞれ以下のような効果があります。

成分効果
テアニン神経伝達物質であるセロトニンやドーパミンの生成を促し、リラックス効果や睡眠促進効果がある
ラフマ不安やイライラを和らげる効果がある
カモミール精神安定作用や鎮静作用がある
レモンバーム心身の緊張をほぐす効果がある

これらの成分を含むサプリメントを摂取することで、不眠やストレスによる体のだるさを軽減することができます。

消化機能の低下による体のだるさ

食べ過ぎや食べ物の偏り、胃腸の病気などによって、消化機能が低下すると、体のだるさを感じることがあります。

消化機能が低下すると、食べたものがエネルギーに変わりにくくなり、胃腸に負担がかかります。

その結果、体のだるさや胃もたれ、便秘などの症状を引き起こします。

そこで、消化機能の低下による体のだるさにおすすめなのが、以下の成分を含むサプリメントです。

  • 発酵植物酵素
  • ビタミンB群

これらの成分には、それぞれ以下のような効果があります。

成分効果
発酵植物酵素食物を分解する酵素を含み、消化吸収を助ける
ビタミンB群消化管の粘膜を健康に保ち、消化機能を正常にする

これらの成分を含むサプリメントを摂取することで、消化機能の低下による体のだるさを軽減することができます。

免疫力の低下による体のだるさ

風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすいときや、アレルギー反応が起こりやすいときは、免疫力が低下している可能性があります。

免疫力とは、体を外部から侵入する細菌やウイルスなどから守る力のことです。

免疫力が低下すると、感染症にかかりやすくなるだけでなく、体内で発生した異常細胞を排除できなくなります。

その結果、体のだるさや発熱、倦怠感などの症状を引き起こします。

そこで、免疫力の低下による体のだるさにおすすめなのが、以下の成分を含むサプリメントです。

  • プロポリス
  • 蔵華乳酸菌
  • 霊芝
  • メシマコブ
  • 葉酸

これらの成分には、それぞれ以下のような効果があります。

成分効果
プロポリスミツバチが作る天然抗生物質であり、抗菌・抗ウイルス・抗炎症作用がある
蔵華乳酸菌腸内フローラを整えて免疫細胞を活性化させる
霊芝多種類のポリサッカライドやトリテルペン類を含み、免疫力を高める
メシマコブβグルカンという多糖類を含み、免疫細胞を活性化させる
葉酸DNA合成や細胞分裂に必要な栄養素であり、免疫細胞の生成を促す

これらの成分を含むサプリメントを摂取することで、免疫力の低下による体のだるさを軽減することができます。

注意点

ここで紹介したのは、健康補助食品であり、これらのサプリメントは即効性を期待することはできません。

効果を感じるためには、長期的な摂取が必要です。また、過剰摂取は避けてください。

体がだるい原因がわからない場合のサプリメントの選び方

上記でご紹介したように、体がだるい原因はさまざまです。

しかし、自分の体がだるい原因がわからない場合もありますよね。

そんなときは、どうやってサプリメントを選べば良いのでしょうか?

体がだるい原因がわからない場合は、以下のようなポイントに注意してサプリメントを選ぶと良いでしょう。

1. 基本的な健康維持

バランスの良い食事、十分な睡眠、適度な運動が基本的な健康維持のために重要です。

これらは体調を保つための基盤となります。サプリメントはこれらを補助するものであり、基本的な健康習慣の代わりになるものではありません。

2. 体がだるいときのサプリメント

体がだるいときに効果的なサプリメントの成分としては、ビタミンB群やコエンザイムQ10などがあります。

これらはエネルギー代謝を促進し、疲労感を和らげる働きがあります。

3. サプリメント選びの注意点

サプリメントを選ぶ際には、自分の体質やアレルギーを考慮しましょう。

例えば、鉄分やカルシウムは過剰摂取すると副作用が起こることがあります。

また、大豆や乳製品にアレルギーがある場合は、それらを含むサプリメントを避けることが重要です。

4. サプリメントの摂取方法

サプリメントを摂取する際には、指示された用法用量を守りましょう。

一度に大量に摂取しても、効果が倍増するわけではありません。

また、他の薬やサプリメントと併用する場合は、相互作用や重複摂取に注意することが重要です。

5. 医師への相談

サプリメントを摂取しても体調が改善しない場合や、他の症状が現れた場合は、医師に相談しましょう。

背後に重大な病気が隠れている可能性もあるため、適切な医療アドバイスを受けることが重要です。

体がだるいときに飲むサプリメントの注意点

最後に、体がだるいときに飲むサプリメントの注意点をご紹介します。

サプリメントは健康補助食品ですが、それゆえに安全性や有効性について十分なデータや証拠がない場合もあります。

そのため、以下のような点に注意してサプリメントを摂取するようにしましょう。

1. サプリメントと医薬品の違い

サプリメントは医薬品ではなく、厚生労働省の承認や認可を受けていないことを理解することが重要です。これにより、サプリメントの効能や効果を明記することは法律上許されていません。いくつかのサプリメントは「機能性表示食品」として、科学的根拠に基づいた機能性を表示していますが、これも厚生労働省の事前審査を受けているわけではありません。表示内容が必ずしも正確であるとは限らないため、自己判断に頼らず信頼できる情報源から情報を取得することが重要です。

2. サプリメントの個人差

同じサプリメントを摂取しても、その効果や副作用は人により異なるため、個々の体調や体質に適したものを選ぶことが重要です。何が自分に適しているかを理解するためには、医療専門家と相談することを検討すると良いでしょう。

3. 過剰摂取の危険性

サプリメントの適量摂取は健康に良い効果をもたらしますが、過剰摂取は逆に害となることがあります。例えば、ビタミンAやDは体内に蓄積しやすく、過剰症を引き起こす可能性があります。また、鉄分やカルシウムは摂りすぎると胃腸障害や腎臓障害などを引き起こすことがあります。

4. 他の薬やサプリメントとの併用

サプリメントの成分は、他の薬やサプリメントと相互作用を起こす可能性があります。例えば、ビタミンKは抗凝固剤と併用するとその効果が減少する可能性があります。また、ガラナやカフェインなどの刺激物は、血圧降下剤や睡眠薬などと併用すると、それぞれの効果が相殺されることがあります。このような理由から、サプリメントを他の薬やサプリメントと一緒に摂取する際は十分な注意が必要です。

体がだるいときに飲むサプリメントに関するQ&A

ここでは、体がだるいときに飲むサプリメントに関するよくある質問と回答をご紹介します。

体がだるいときに飲むサプリメントはいつ飲むのが良いですか?

体がだるいときに飲むサプリメントは、基本的には食事と一緒に飲むのが良いです。

食事と一緒に飲むことで、消化吸収がスムーズになりますし、胃腸への負担も軽減できます。

ただし、サプリメントの種類や成分によっては、食事の前後や就寝前などに飲む方が良い場合もあります。

その場合は、商品のラベルや説明書をよく読んでください。

体がだるいときに飲むサプリメントは何種類も併用しても良いですか?

体がだるいときに飲むサプリメントは何種類も併用しても良いかどうかは、サプリメントの種類や成分によって異なります。

  • 同じ成分を含むサプリメントを併用すると、過剰摂取になる可能性があります。例えば、ビタミンB群やコエンザイムQ10などは、複数のサプリメントに含まれていることが多いです。その場合は、一日の摂取量をチェックしてください。
  • 異なる成分を含むサプリメントを併用すると、相互作用によって効果や副作用が変わる可能性があります。例えば、カルシウムと鉄分は、同時に摂取すると吸収率が低下すると言われています。その場合は、時間をずらして摂取すると良いでしょう。
  • 併用するサプリメントの種類や成分が多すぎると、体に負担がかかる可能性があります。また、どのサプリメントが効いているのか判断しにくくなります。その場合は、必要最低限のサプリメントに絞ると良いでしょう。

体がだるいときに飲むサプリメントはどれくらいの期間飲めば良いですか?

体がだるいときに飲むサプリメントはどれくらいの期間飲めば良いかは、サプリメントの種類や成分によって異なります。

一般的には、サプリメントは長期的に続けて摂取することで効果が現れます。

しかし、効果の出方や感じ方は個人差がありますし、体のだるさの原因も変わる可能性があります。そのため、定期的に自分の体調や症状をチェックしてください。

また、サプリメントを摂取しても体のだるさが改善しない場合や、他の症状が出た場合は、医師に相談してください。

まとめ

体がだるいときに飲むべきサプリメントについてご紹介しました。

体がだるいと感じることは、健康や生活の質に影響を与えます。

そこで、体のだるさを解消するためには、サプリメントを上手に活用することが大切です。

しかし、サプリメントはあくまで補助的なものであり、それだけでは十分ではありません。

バランスの良い食事や十分な睡眠、適度な運動などを心がけてください。

また、自分に合ったサプリメントを選ぶことや、用法用量を守ることも忘れないでください。

この記事があなたの健康に役立つことを願っています。ありがとうございました。

※この記事は、消費者庁国民生活センター厚生労働省の発信する情報を基に作成しています。

  • この記事を書いた人
アバター画像

はぴ子

自分の悩みだった小胸・抜け毛・ダイエット・スキンケアについて興味を持ち、化粧品検定2級取得。同じ悩みを抱える女性に役立つ情報を発信。アラフォーでも美しいボディを作り上げ自分らしく過ごしましょう♪

-産後に良い食べ物