美容ケアが初めての方へ

シナモンの8つの効能【白髪予防】になる理由

この記事では「白髪へのシナモン効能」についてまとめています。

 

シナモンって、白髪にいいの?

どうして白髪にシナモンがいいの?

っという疑問に答えます。

 

白髪が増えると、食べ物でなんとか予防できないか知りたいですよね!そこで、リフレクソロジスト(リンパマッサージの資格をもっています)の私が、シナモンと白髪の因果関係についてお伝えします。

 

シナモンの効能を活かしたい白髪の原因

私たちの頭皮の下には、無数の毛細血管がめぐっています。白髪の原因の1つに、頭皮の血行不良があると考えられています。

 

ですから、頭皮の血行をよくすることができれば白髪の予防が見込めるわけです!

 

白髪の原因は、様々なことが重なっていますが詳しくはこちらの記事にてまとめています。

no image
白髪に良い食べ物で予防【悪い食べ物は?】改善・黒くなる食事

続きを見る

 

シナモンの効能で白髪予防できる理由

ハーブであるシナモンは中国の漢方でも使われ、治療薬として使われています。まずは、シナモンの効能・効果について確認します。

 

シナモンの効能

  1. 血行改善の効果
  2. 抗酸化の効果
  3. 抗炎症の効果
  4. 血糖コントロールの効果
  5. 消化のサポート
  6. デトックス
  7. 生理の不快感を改善サポート
  8. リラックス効果

 

それぞれ、詳しくみていきましょう。

 

シナモン効能① 血行改善の効果

白髪が増えている頭皮の状態は、頭皮の毛細血管が悪くなっていることがほとんど。

 

毛細血管が血行不良になると、酸素や栄養を運べなくなるので、黒髪をつくる毛母細胞が正常に働かなくなってしまうんです。

 

そこで、毛細血管の血行を良くするシナモンを摂取すれば、頭皮の細胞に酸素や栄養が行き届くようになり白髪予防ができるわけです!

 

シナモン効能② 抗酸化の効果

シナモンには「フラボノイド」という、強力な抗酸化作用が期待できるハーブだといわれています。

 

そもそも抗酸化作用って何?っというところからですが、肌のアンチエイジングに欠かせず、シミやシワに悩んでいる人には必須。

 

抗酸化作用のある中でも、最強なのがシナモンなのです。頭皮の老化とされる白髪を防ぐ効果も期待できるでしょう。

 

シナモン効能③ 抗炎症の効果

シナモンに含まれる「桂皮アルデヒド」などの精油成分には、抗炎症の作用と殺菌効果があるといわれています。

 

炎症は免疫機能の反応の不可欠な部分だが、長い間放っておいて慢性炎症になると、体調が悪くなる。抗酸化物質は、必要のない時に体内で炎症が起こるのを防ぐ役に立つ。

シナモンには、「強力な抗酸化作用を持つ植物性タンパク質」

引用:単なるスパイスではなかった!シナモンの健康メリット

 

ですから風邪やインフルエンザなどにも有効だと、人気が高まっています。

 

シナモン効能④ 血糖コントロールの効果

シナモンに含まれる「プロアントシアニジン」には、血糖値の上昇を防ぐ働きがあります。

 

「プロアントシアニジン」は、血糖値を安定させるインスリンの分泌を活発にするとされ、機能性成分として海外での糖尿病対策として活用されています。コレステロール値を低下させる可能性があるんです!

 

シナモン効能⑤消化のサポート

シナモンの「桂皮アルデヒド」には、食後の消化促進をサポートするとされています。

 

はぴ子
シナモンは独特の香りがするけど、あれは主に桂皮アルデヒドなんだよ!

 

シナモンロールなどは、嗅覚を刺激することで胃の働きを高め消化サポートしてくれるということになりますね。

 

シナモン効能⑥ デトックス

シナモンは、体内の循環を整え、溜まった老廃物や毒素を体外へ排出する効能があります。

 

そのため白髪だけでなく、ダイエットに取り入れる女性も多くいます。朝のリズムが整い、便秘への期待ができるわけなんです。

 

シナモン効能⑦ 生理の不快感を改善サポート

女性は生理前になると、血糖値が乱れやすくなります。そこで血糖値の急激な上昇を防ぐ働きがあるシナモンは、イライラや疲れなどの増長を安定させるサポートをします。

 

はぴ子
生理前のイライラは、血糖値の影響もあったんだね!

 

そのため、女性はシナモンを常備するといいですね。

 

シナモン効能⑧ リラックス効果

精神的に疲れていたり不安な場合にシナモンを摂取すると、不安を和らげリラックスすることがあります。

 

気分を落ち着かせてくれる抗不安のハーブ。

 

シナモンを効果的に摂取するタイミング

シナモンを効果的に摂取する時間は、寝る前が最適

 

なぜなら、夜の10時以降は成長ホルモンによるアンチエイジングのゴールデンタイムだからです。

 

リラックスする環境を整えれば、安眠できますし翌朝の寝起きも良くなりので、寝る前のシナモンは欠かせません。

 

摂取する時間に制限はありませんが、こまめに分けて摂取するといいようです。

 

シナモンの摂取量

1日の摂取目安料は3g

 

はぴ子
間違った摂取目安料を書いている記事を見かけますが、1日3gが正しいよ!

 

1回あたりの摂取量は、最大でも3gとなります。シナモンパウダー小さじ1杯あたり、1.8gですから小さじ1.5杯までを目安にしておくといいと思います。

 

シナモン摂取の注意点

シナモンは過剰摂取することで、肝臓への負担や喉の粘膜が腫れてしまうアレルギー反応が心配されています。

 

しかしながら、1日小さじ1.5杯までを目安に摂取すれば問題はありません。念のためシナモンロールを食べた日は、就寝前のシナモンドリンクを飲まないなど、コントロールできるといいですね。

 

ちなみのシナモンロールに含まれているシナモンパウダーの量は、1個あたり約1g程度のシナモンロールが多いです。

 

シナモンの効能を活かしたおすすめドリンク

シナモンコーヒー

  • 好きなコーヒー:飲みたい分だけ
  • シナモンパウダーまたはシナモンシュガー:適量

体を温めたい寒い日などは、生姜や黒糖を追加して飲んでも美味しく、ポカポカ温まります。

 

チャイティー

  • ブレンディスティックの紅茶オレ:1本
  • シナモンパウダーまたはシナモンシュガー:適量

簡単にチャイティーをつくるには、ブレンディスティックの紅茶オレが便利。疲れた夜でもお湯だけ沸かせば、3分くらいで飲めるのでおすすめ。

 

 

-美容ケアが初めての方へ

© 2020 幸せママの美容ケアガイド Powered by AFFINGER5