肌の悩み

【シミ】消える前に濃くなる?|いつ治る?

今回は、シミを作らないために、正常なターンオーバーの大切さについてご紹介します。

肌のシミはなかなか消えないので、乾燥やホルモンバランス、紫外線などから肌を守るケアが大切です。

メラニンは外部からの刺激を受けやすいので注意が必要ですが、それでも体を守るための大切な存在です。

はぴ子

この記事はこんな人におすすめ!

  • 最近シミが濃くなってきた?と感じる人
  • このシミいつ消えるの?と不安な人
  • ビタミンCってシミに効くって本当?

それでは、シミについて詳しく知りたい方は、ぜひご一読ください。

スキンケアやシミ予防の方法について学んでいきましょう。

お肌のシミが出来る原因

お肌にシミができる主な要因は大きく分けると3つあります。

それぞれ詳しくみていきましょう。

紫外線を浴びる

紫外線は最も一般的な原因で、紫外線を浴びて肌が老化することでできるシミと、紫外線を浴びて女性ホルモンのバランスが崩れることでできるシミの2種類が存在します。

肌のターンオーバーを正常化し、メラニンの排出を正すような対策が望まれます。

遺伝的なもの

次に遺伝ですが、これは幼少期から思春期にかけて目立つシミで、紫外線の影響を受けて濃くなることがあります。

皮膚の炎症が治った後

最後に、ニキビ跡や虫刺され跡、傷跡など、炎症が治まった時に現れる傷跡です。なお、毛抜きなどで毛を抜くと、毛穴の周りにシミができることがあるので注意が必要です。

お肌のシミが治る・消える前に一時的に濃くなる理由

皮膚は、皮膚の細胞が作られる内側の層である表皮と、その細胞が剥がれ落ちる外側の層の2層で構成されています。

肌が紫外線を浴びると、メラノサイト(メラニンという色素を作る細胞)が刺激され、それ以上のダメージから肌を守るために、肌の赤ちゃん細胞にメラニンを放出します。

こうしてシミが形成されるのです。

皮膚の薄い部分にできたシミは、メラニンが蓄積されるため、治るにつれて色が濃くなることがあります。

肌の状態を整えて細胞のターンオーバーを促進したり、炎症が起きたりすると、メラニンが停滞し、最終的に排出されるまで色が濃くなることがあります。

シミが一時的に濃くなる期間はどれぐらいですか?

治りかけに濃くなるシミは、炎症痕が治るまで半年から1年続きます。

治りかけ以外で濃くなる原因としては、

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 紫外線対策不足
  • 肌の摩擦
  • 乾燥

の4つが考えられます。

それぞれ、原因がいつまで続いたかによって異なります。

長い間原因に浸かっていると、その間にシミの原因でもあるメラニンが排出されたり、ターンオーバーが滞ったりして、原因が取り除かれて異常排出された量が元に戻るまでの間、シミが濃くなります。

そのため、期間にはばらつきがあります。

治りかけの兆候が分かりにくいシミの種類

治るサインがわかりにくいシミには、「肝斑」と「そばかす」の2種類があります。

肝斑は、女性ホルモンのバランスが崩れたときに発生し、紫外線や摩擦によって濃くなることがあります。

そのため、色の濃淡で見分けるのは難しいです。そばかすは遺伝性のもので、セルフケアでは治りにくいものです。

レーザー治療などの医療行為で治療するのが一般的です。

消えにくいシミの種類

一般的にそばかすと呼ばれる遺伝性のシミは、なかなか消えないものです。

そばかすを目立たなくしたり、改善したりする化粧品もありますが、セルフケアでは難しく、通常はレーザーなどの医療処置が必要です。

ビタミンCはシミの予防・改善の効果が期待されると言われています。その理由を3つ教えてください

ビタミンCの抗酸化作用は、主に3つの理由によるものです。

  • メラニン生成の抑制
  • メラニン色素の減少
  • チロシナーゼ活性の抑制

チロシナーゼ酵素の活性が阻害されると、シミを作る工場であるメラノサイトの働きが抑制されます。

その結果、メラニンが過剰に生成されるのを防ぐことができるのです。

また、ビタミンCには、生成されたメラニンをメラノサイトに戻す働きがあり、メラニンが過剰に排出されるのを防ぐことができます。

しかし、水溶性のビタミンであり必要以上に体内に入ると、尿として排泄されるため少しずつ摂取することが大切です。

まとめ

まとめ

  • シミは消える前に濃くなる事がある
  • 期間は半年から1年ぐらいかかる
  • 治りかけが分かりにくいシミは「肝斑」と「そばかす」である

シミを作らないためには、肌のターンオーバーが正常であることが重要です。

また、スキンケアや食事、日焼け止めなどで、乾燥やホルモンバランス、紫外線から肌を守ることも大切です。

メラニンは外的刺激によって過剰に排出されるため、ケアと保護が必要です。

しかし、過剰に排出されない場合は、体の防御に重要な役割を果たすため、過剰に排出を止めないように注意することが大切です。

産後のシミに効く美容液が知りたい」という方に、こちらの記事にて最新の美容液をまとめていますので、どうぞご覧ください。

おすすめの産後シミサプリが知りたい」という方に、こちらの記事にて最新のシミに効果的なサプリがございますので時間がある方はどうぞご覧ください!

よく一緒に読まれている記事

導入美容液の仕組みを美容のプロ(BA)が徹底解説!

カナデル 解約

カナデルの解約は2回受取後から?3分間電話でカスタマー...

ビハセラムの解約できない理由!メールでも大丈夫なのか調...

SIWA-KCの口コミを調査!シミ改善・対策できるNO...

ミキモトの『スキンパーフェクションジェル』の口コミ効果...

  • この記事を書いた人

はぴ子

ボディケアが大好きな、リフレクソロジストです ♪ 小胸・剛毛・白髪に悩み、リンパの流れに興味をもち勉強。フットマッサージとヘッドマッサージで、女性に優しいケアをしています。

-肌の悩み