産後ママのケアグッズ

ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプー【3つの違い】を解説!

ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプー【3つの違い】を解説!

この記事では「ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーの違い」についてまとめています。

 

シャンプーのノンシリコンシャンプーって何?

私の使ってるシャンプーは、シリコンシャンプーなの?

という疑問に答えます。

 

シャンプーには、シリコンが配合されていないノンシリコンシャンプーと、シリコンが配合されているシリコンシャンプーがありますが、各シャンプーの働きや成分について詳しくお伝えします。

 

この記事がおすすめの人

  • シャンプーを新しいメーカーに変えたい
  • 実はシャンプーのことを詳しく知らない
  • ツヤツヤの美髪を作りたい

 

そもそもシリコンって何?

そもそも、シリコンって何?という意外と知らない豆知識から説明します。シリコンとは、合成樹脂やポリマー剤と呼ばれる合成高分子化合物の総称です。

 

さらに、合成樹脂とかポリマー剤って何?ということですが ペットボトルやプラスチックなどの合成樹脂、アクリルやポリエステルの合成繊維まで幅広く含まれています。

 

簡単にいうと、人体には相性が悪いのであまり使わない成分で、食器洗剤にも含まれています!!!

 

ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーのメリット比較

それでは、3つのメリットの違いについてお伝えします。下記の表をご覧ください。

 

メリットノンシリコンシリコン
毛穴がつまらないキューティクルの維持ができる
汚れが良く落ちるドライヤーの熱から髪を守る
コンディショナーや
トリートメントが浸透しやすい
手触りが良くなる

 

ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーのメリットを比較すると、髪の内部から補修したい人はノンシリコンシャンプーを使うことで、髪が健やかになります。

 

また本質的な改善よりも、表面上の髪を整えたい人にはシリコンシャンプーが向いていると言えます。

 

ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーのデメリット比較

それでは、3つのデメリットの違いについてお伝えします。

 

デメリットノンシリコンシリコン
泡立ちにくいカラーやパーマがかかりにくい
きしみやすい毛穴が詰まりやすい
コーティング作用はないコーティング作用があるため
トリートメントが浸透しにくい

 

ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーのデメリットを比較すると、カラーやパーマのかかりを良くし長持ちさせたいならノンシリコンシャンプーがおすすめ。

 

また、髪の健康よりも泡立ちよくシャンプーしたい人にはシリコンシャンプーが向いています。

 

ノンシリコンシャンプーの見分け方

シャンプーボトルの成分表示を見れば、シリコンが入っているのかどうか確認することができ便利です!

 

はぴ子
下にまとめた成分が書かれていなければ、ノンシリコンシャンプーだよ。

 

  • ジメチコン
  • アクリル酸アルキル
  • アミノプロピルジメチコン
  • アモジメチコン
  • ジメチコノール
  • ジメチコンポリオール
  • シロキ
  • シロキサン
  • シクロメチコン
  • シクロペンタシロキサン
  • シリカ
  • シリル
  • シラン
  • シリル化ケラチン
  • メチコン
  • ラウリルメチコンコポリオール
  • ビスアミノプロピルジメチコン
  • ビニルジメチコン

 

最近のシャンプーは、ノンシリコンシャンプーが少しずつ増えています。目的に合わせて、メリットとデメリットを比較しシリコンシャンプーとの使い分けをして下さいね。

 

こんなにたくさん成分があると、見分けるのが大変.…

 

『おすすめのノンシリコンシャンプーが知りたい』という方に向けて、下記の記事を用意しましたのでご覧ください。

 

産後 抜け毛 おすすめ シャンプー
産後の抜け毛シャンプー市販を試したら最悪!おすすめ比較

続きを見る

 

ノンシリコンはカラーやパーマのかかりを良くした人におすすめ

この記事では「ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーの違い」についてまとめました。ここで、記事の内容を振り返っておきましょう。

 

  • 今だけ髪をキレイにしたい人はシリコンOK
  • 数か月には美髪であり続けたい人はノンシリコン
  • パーマやカラーのかかりがいいのはノンシリコン

 

シリコンに関しては、目的に合わせて選ぶといいと思います。カラーや白髪染めの頻度が多いなら、やっぱりノンシリコンシャンプーで綺麗な色に染めて長持ちさせたい!

 

パーマを年に数回かける人も、カールが綺麗に出るようにノンシリコンシャンプーを使っていれば長持ちしやすいです。

 

カラーやパーマが長持ちすれば、お金の節約になるので豪華なランチ食べたり、頑張っている自分へのご褒美を買うこともできるのでノンシリコンシャンプーを使うメリットは多い!!!

 

もし、カラーをしているにも関わらずシリコンシャンプーを使い続けると、カラーの色持ちが悪くなり回数が増えるので、出費も多くなるのは事実。

 

年間でのカラーの回数が多くなっているため、金額にすると10,000円は損をしているということになります。5年間だと50,000円、10年間だと100,000円も余分にカラー代金を支払っていることに.…このまま、余分なカラー代やパーマ代を払い続けても大丈夫でしょうか。

-産後ママのケアグッズ

© 2021 幸せママの美容ケアガイド