スキンケア

シワにおすすめのオールインワン化粧品の選び方

オールインワン化粧品でおすすめなのは、レチノールやナイアシンアミド、ニールワンといったシワを改善する有効成分が配合されているものです。

目的や成分から選ぶ

  • 自分の肌質に合ったものを選ぶ(乾燥肌・オイリー肌・敏感肌・混合肌)
  • 自分の目的に合ったものを選ぶ(浸透力・保湿力・美白)
  • 続けやすい値段かどうかで選ぶ

商品の特徴から選ぶ

ジェルタイプのオールインワンジェル

水系のさっぱりした成分や軽い成分が多く含まれているため、朝の使用におすすめです。ゲルは伸びが良く、肌に素早くなじみ、上に重ねるアイテムの邪魔をしない。このような特性から、オールインワンゲルタイプのオールインワンゲルは、朝の洗顔後の保湿や、メイク前の保湿に短時間で使用することができます。

クリームタイプのオールインワンジェル

油性成分を多く含むクリームタイプのオールインワンゲルで、しっとりとしたなめらかな使い心地が特徴です。肌が乾燥しやすい方や、しっかり保湿してハリのある肌をキープしたい方におすすめです。肌表面に膜を形成して水分を逃がさないので、夜のスキンケアに使用すると、翌朝までしっとりとした肌を保つことができます。

シワ改善におすすめのオールインワン化粧品(ジェル)!深いシワに効果的な正しい選び方

続きを見る

毛穴ケアおすすめクレンジングの選び方

毛穴ケアクレンジングの選び方は、以下の3つになります。

  • 自分の肌質に合った化粧品を選ぶ
  • 毛穴ケアのために設計されている化粧品を選ぶ
  • 続けやすい値段かどうかで選ぶ

毛穴ケアできる化粧の特徴

毛穴ケア化粧品は、きれいで透明感のある肌をつくり、毛穴が大きくなるのを防ぐことができます。スキンケアは、若々しい肌を保つために大切なことです。

黒ずみをクリアにする

黒ずみの原因は、毛穴に皮脂を分泌する皮脂腺の働きが活発になりすぎていることが考えられます。また、毛穴が大きすぎるために、皮脂やゴミがより多く閉じ込められている可能性もあります。また、古い角質が蓄積して毛穴をふさぎ、細菌が過剰に繁殖することもあります。したがって、黒ずみを防ぐには、定期的に洗顔と角質除去を行うことが大切です。

毛穴の開きを引きしめる

毛穴ケアコスメは、毛穴を引き締め、シミを最小限に抑え、肌のトーンを均一にし、皮脂の分泌をコントロールし、マットでテカリのない肌をキープすることができるのです

毛穴ケアおすすめ!黒ずみ・開き・引き締めできる選び方

続きを見る

おすすめしたいまつ毛美容液の選び方

まつ毛美容液の選び方は、以下の3つになります。

  • まつ毛が薄い人は成長を促進するまつ毛美容液
  • 短い人は、まつ毛の長さやコシを出すまつ毛美容液
  • ビオチンやレチノールなどの有効成分が含まれていまつ毛美容液

まつ毛美容液のタイプ塗りやすい形状で選ぶ

マスカラタイプのまつ毛美容液

このタイプのまつげ美容液は、すでにマスカラに慣れている人なら簡単に使えるので、初心者におすすめです。まつ毛の生え際全体から毛先まで一度にカバーできる面積が広いのが特徴で、まつ毛一本一本に美容液を塗布することができます。さらに、このタイプの美容液は低価格のものが多く、入手しやすいのも特徴です。ただし、このタイプの美容液を使用する際には、デメリットもあります。毛質によってはチクチクしたり、まつげエクステに引っかかりやすかったりすることがあるのです。

チップタイプのまつ毛美容液

初心者の方には、先端が丸みを帯びている製品がおすすめです。目頭、目尻、目尻の付け根など、すべての部分に塗りやすいものを購入することが大切です。塗布する部分は、やわらかく心地よい感触のものがおすすめです。

筆(ブラシタイプ)のまつ毛美容液

このタイプの筆・アイライナーは、先端が細くなっているため、細い生え際にも塗りやすくなっています。生え際の集中ケアにおすすめで、他の製品との併用も可能です。最初は塗りにくいかもしれませんが、根元部分までピンポイントで塗ることができます。さらに、液量の調節がしやすいのも特徴です。

チューブタイプのまつ毛美容液

チューブタイプは、まつ毛だけでなく、目元全体をケアしたい方におすすめのアプリケーターです。このアプリケーターなら、塗るときの力加減を調整しやすく、目元のマッサージもしやすいので、短時間で目元ケアができます。ただし、目元を触りすぎるとトラブルの原因になるので、注意が必要です。

まつ毛美容液おすすめ【何が一番いい?】バサバサ伸びる選び方

続きを見る