まつ毛美容液

まつ毛美容液で目ヂカラUP!?目元の印象をアップさせるまつ毛美容液の使い方

2022年10月16日

目元の印象をアップさせる方法を探している方は、まつげ美容液の使用を検討してみてはいかがでしょうか。

今回は、美しく豊かなまつ毛を実現するための、まつ毛美容液の使い方についてご紹介します。

また、自分に合った美容液を選ぶポイント・目元を美しくする方法をご紹介します。

まつげ美容液の最大限に活かす効果的な使い方

効果を発揮するためには、美容液を正しく塗布することが大切です。

メイクを落とす

まつ毛を十分にクレンジングし、メイクを落とします。

まつげ美容液を使用する際には、目の周りをしっかりと洗うことが大切です。まつ毛に化粧品の成分が残っていると、美容成分がまつ毛全体に浸透せず、まつ毛美容液の効果が発揮されなくなります。

まつげ美容液を使用する前に、クレンジングや洗顔料で丁寧にメイクを落としてください。キープ力の高いマスカラやアイライナーをお使いの方は、より丁寧に落とせる専用のリムーバーをお使いください。目元のメイクを落とす際は、デリケートな皮膚を傷つけないよう、やさしく行うことが大切です。

根元までしっかり

まつ毛美容液を効果的に使うには、まつ毛の根元から毛先までまんべんなく塗ることを心がけましょう。そうしないと、せっかくの成分や水分がうまく補給されず、まつ毛にハリやコシが出ません。まつ毛は乾燥してもろくなり、抜け落ちてしまうこともあります。

美容液が偏らないように、まつ毛の根元や目尻など細かい部分にもつけすぎないように注意しましょう。目のキワに美容液を塗るときは、ブラシの向きを変えたり、鏡で塗り具合を確認しながら行ってください。そうすることで、均一に塗ることができ、より健康的なまつ毛にすることができます。

少し時間をおく

数分後、美容液が乾いてからマスカラを塗ります。最高の効果を得るために、美容液は1日1回使用してください。美容液を使用する際は、まつ毛全体に均一に塗布するよう心がけてください。数週間使い続けると、まつ毛の見た目の違いに気づくかもしれません。

目元マッサージをする

目のまわりをやさしくマッサージするのも効果的です。この簡単なテクニックは、血行とリンパの流れを良くし、腫れやクマを軽減することができます。また、目元をマッサージすることで、シワの原因となる緊張やストレスを和らげることもできます。目の周りのマッサージは、指先で目の周りの皮膚をやさしく押したり離したりするだけです。

まつ毛美容液を塗る時のポイント

目に入らないように注意

まつ毛美容液を塗る前に、上まぶたを指で持ち上げて、まつ毛の生え際が見えるようにします。この方法は、まぶたが厚く、まつ毛の根元が隠れやすいため、一重・二重の方に特におすすめです。

まつ毛の根元から美容液を塗るには、まずアプリケーターをまつ毛の根元の皮膚に軽く当てます。このとき、美容液が目に入らないように注意してください。アプリケーターに美容液を少量つけたら、まつ毛の根元に沿うようにやさしくなじませます。綿棒を使うと、まつ毛の根元に美容液を塗りやすくなります。

全体的にしっかり塗る

まぶたをゆっくり持ち上げ、上まつ毛の生え際から毛先まで美容液を塗布します。マスカラと同じように、まつ毛を下から上へすくい上げるように塗ると、美容液がスムーズになじみます。 一気に塗ろうとすると、塗りムラができてしまうことがあります。目頭から中央、そして目尻へと、少しずつ美容液を塗るのがおすすめです。 そうすることで、美容液が均一に行き渡り、まつ毛1本1本をコーティングして、長さとボリュームを最大限に引き出すことができるのです。

少しずつ丁寧に塗る

まつげ美容液を均一に塗るには、目頭から目尻に向かって塗ります。ムラにならないよう、軽く、しっかりとした手ごたえを感じてください。まつ毛の根元から毛先に向かって、美容液を塗布してください。こうすることで、まつ毛1本1本を均一にコーティングし、長さとボリュームを最大限に引き出すことができます。

上からもしっかりと塗る

下からすくい上げるように塗るだけでは、まつ毛1本1本に美容液が均一に行き渡らないことがあります。少し手間はかかりますが、まつ毛の上下両方から塗ることで、ムラを抑え、美容液をよりしっかり浸透させることができます。このことを意識してお使いいただくと、より効果的です。

下まつ毛は短いのでより丁寧に塗る

上まつ毛に美容液を塗布したら、次は下まつ毛に塗布していきます。下まつげは、ブラシやチップを垂直に持ち、チップで上下に小さくなぞるように美容液を塗布します。 下まつげは上まつげに比べて細く短いので、やや塗りにくいかもしれません。しかし、時間をかけてまつ毛1本1本に丁寧に美容液を塗布すると、ムラのない仕上がりになります。下まつげに美容液を塗るのは少し時間がかかりますが、それだけの価値がある仕上がりです。

まつ毛美容液を選ぶときのポイント

まつげ美容液を選ぶ際には、いくつかのポイントを押さえておくとよいでしょう。

成分について

一般的な成分としては、ビオチンやペプチド、ビタミン類などがあります。これらの成分は、まつ毛に栄養を与え、強くするのに役立ちます。

ビオチン

ビオチンは、健康な皮膚、爪、髪を維持するために重要な役割を果たすビタミンです。

いくつかの研究では、ビオチンのサプリメントが健康に役立つ可能性があることを示唆しています。例えば、ビオチンはもろくなった爪の状態を改善し、髪の成長を促進することが示されています。

そのメカニズムは完全には解明されていませんが、ビオチンは爪を構成するタンパク質であるケラチンの質を向上させることで、もろい爪の状態を改善すると考えられています。また、ビオチンは、髪を作る細胞が正しく機能するために必要なエネルギーを供給することによって、髪の成長を促進すると考えられています。

髪と爪への効果に加え、ビオチンは肌の状態も改善することが分かっています。ビオチンのサプリメントが肌の保湿を改善し、小じわを目立たなくすることも分かっています。

ペプチド

ペプチドは、タンパク質の構成要素であるアミノ酸の小さな鎖です。ペプチドは、体内に自然に存在するものと、実験室で作られたものがあります。ペプチドは、細胞シグナル伝達、酵素活性、細胞成長など、体内でさまざまな機能を発揮しています。

ペプチドは体内で多くの異なる機能を持っていますが、美容業界でも人気が出てきています。ペプチドは、まつ毛美容液など、さまざまな美容製品に配合されています。

ペプチドには、細胞増殖や細胞生存を促進することで、まつ毛の成長を促す効果があります。また、ペプチドには、まつ毛の太さや長さを伸ばす効果があります。また、ペプチドには、成長するまつ毛の数を増加させ、より豊かで艶のあるまつ毛にする効果もあります。

まつ毛をより美しくする方法をお探しなら、ペプチドが配合された製品の使用を検討することが大切です。

ビタミン

ビタミンは、私たちの体を健康に保つために重要な役割を担っています。髪の毛と同じように、まつ毛も定期的に伸びたり抜けたりを繰り返しています。

ビタミンA、C、Eは、健康で丈夫なまつ毛を維持するために必要な栄養素です。ビタミンAは、まつ毛を覆って保護する油性の物質である皮脂の分泌を促進します。ビタミンCは、まつ毛を保湿し、もろくなったり乾燥したりするのを防ぐのに役立ちます。ビタミンEは、フリーラジカルによるダメージからまつ毛を保護する働きをします。

まつ毛の健康維持にビタミンは重要ですが、食事やライフスタイルの選択もまつ毛の健康に影響を与えることを覚えておくことが大切です。例えば、喫煙はまつ毛にダメージを与え、抜け落ちる原因になることが分かっています。ですから、まつ毛をベストな状態に保ちたいのであれば、健康的な食事と十分な睡眠をとり、喫煙を控えるよう心がけましょう。

価格について

まつ毛美容液の価格は、600円から11,000円の範囲です。平均してまつ毛美容液は2,000円~3,000円代の価格のものが多く、自分の予算に合った美容液を選びましょう。

低刺激のもの

目が敏感な方は、低刺激性で眼科医のテストを受けている美容液を選ぶようにしましょう。

危険!まつげ美容液の注意点

まつ毛美容液を使おうと思っている人は、安全かつ効果的に製品を使用するために、いくつか注意すべき点があります。

まず、使用する前に必ず美容液の使用説明書を読んでください。そうすることで、製品を正しく使用し、まつ毛を傷めないようにすることができます。

また、まつ毛美容液の中には、目に入ると炎症を起こすものもあるので注意が必要です。

違和感を覚えた場合は、すぐに使用を中止し、医師に相談してください。

なるべく避けておきたい成分

シリコン成分

シリコンは、滑らかで柔らかい外観を作ることができるため、スキンケア製品によく使用されています。しかし、敏感肌の人は、シリコーンを含む製品を避けた方がよいかもしれません。また、敏感肌の人は、シリコーンを含む製品に対してアレルギー反応を起こすことがあります。シリコンを含む製品を使用した後、刺激やその他の副作用を感じた場合は、その製品の使用を中止し、医師に相談してください。

カチオン界面活性剤

敏感肌の方は、カチオン系界面活性剤は刺激になるため、避けた方が良いでしょう。カチオン性界面活性剤は、皮膚のマイナス電荷に引き寄せられる電荷を持つ分子です。この分子が皮膚に触れると、炎症を起こすことがあります。また、カチオン界面活性剤は、アレルギー反応を引き起こすケースもあります。敏感肌の方は、カチオン系界面活性剤を含む製品を避けたほうがよいでしょう。

高濃度のエタノール

敏感な肌は、炎症や刺激を受けやすいものです。高濃度のエタノールは多くのスキンケア製品に含まれていますが、敏感肌の方は控えることが大切です。エタノールは、乾燥や赤み、かゆみなどを引き起こす可能性があります。また、肌の油分を奪ってしまい、さらに肌荒れを引き起こす可能性もあります。敏感肌の方は、エタノールが高濃度で配合されている製品は避けた方が無難です。

防腐剤

敏感肌の人は、防腐剤は肌荒れの原因になるため、避けたほうがよいでしょう。防腐剤とは、保存期間を延ばすために製品に添加される成分です。ローション、化粧品、洗浄剤など、さまざまな製品に含まれています。パラベンのような一部の保存料は、内分泌かく乱物質として知られており、体内のホルモンレベルを阻害する可能性があることを意味します。さらに、防腐剤は皮膚刺激や接触性皮膚炎を引き起こす可能性があります。敏感肌の人は、これらの副作用を経験する可能性が高くなります。敏感肌の人は、防腐剤を含む製品を避けるのが一番です。

合成着色料

敏感肌の人は、合成着色料が肌荒れの原因になることがあるので、避けた方がよいでしょう。また、合成着色料は人によってはアレルギー反応を起こすこともあります。

まつ毛美容液を使うメリット

まつ毛美容液を使うことには、たくさんのメリットがあります。

まつ毛の抜け毛を防ぐ

まつ毛に栄養を与えて強化し、切れ毛や抜け毛を防ぐことができます。

まつ毛を太くする

まつ毛を長く、太くし、豊かで艶やかな外観にする効果があります。

まつ毛を保護する役目

メイクアップや環境汚染物質などの有害物質によるダメージからまつ毛を保護することです。

まつ毛が傷むのを防ぐ

まつ毛に栄養と水分を与えることで、そもそもまつ毛が傷むのを防ぐことです。

手軽にケア出来る

まつ毛美容液は、肌にやさしく、簡単に塗れるものが多く販売されています。

マツエクしたままで使える

まつげエクステを利用する人が増える中、マツエクをしながらでも自まつげをケアできる美容液が多数登場しています。特に、まつ毛の保湿や保護、成長促進などの効果が期待できる美容液です。しかも、地まつ毛にも人工まつ毛にも使用でき、毎日使っても安心です。

自分に自信が持てる

長く豊かなまつ毛に見えるので、自分に自信が持てるようになります。

まつ毛美容液が向いている人

まつエクしている人

まつげエクステンションは、自分好みのスタイルに仕上げることができる人気の美容法ですが、地まつげにダメージを与える可能性があります。まつげ美容液でケアすることで、ダメージを防ぎ、まつげに栄養を与えることができます。また、たまにはお休みして、美容液でまつげの保湿と栄養補給に専念するのもよいでしょう。そうすることで、まつ毛を健康に保ち、長期的なダメージを防ぐことができます。

ビューラーを使う人

マスクをしていてもアイメイクをする人もいるので、屋外ではアイメイクをすることをおすすめします。ただし、アイラッシュカーラーを使用すると、まつ毛が傷んでしまうので注意が必要です。まつ毛美容液を毎日使用することで、ダメージを軽減することができます。

つけまつ毛をしている人

つけまつげを使用している方は、まつげに大きな負担がかかっています。特に、接着剤でつけたつけまつ毛を引き剥がすと、ダメージが大きくなる傾向があります。つけまつげを長持ちさせ、傷めないためには、つける前と外した後に美容液を塗る、頻繁につけないなどの工夫が必要です。

まとめ

まつ毛美容液を塗る際には、目に入らないように注意する、まつ毛の生え際までしっかり塗るなど、いくつか注意点があります。

成分や価格、低刺激かどうかなど、重要なポイントを押さえてまつ毛美容液を選びましょう。

おすすめのまつ毛美容液が知りたい」という方に、こちらの記事にて最新のまつ毛美容液がございますので時間がある方はどうぞご覧ください!

  • この記事を書いた人
Avatar photo

はぴ子

自分の悩みだった小胸・抜け毛・ダイエット・スキンケアについて興味を持ち、化粧品検定3級取得。同じ悩みを抱える女性に役立つ情報を発信。アラフォーでも美しいボディを作り上げ自分らしく過ごしましょう♪

-まつ毛美容液
-