広告 産後便秘

産後ママ必見!便秘解消に役立つツボ押しガイド

出産を経て、新たな生活が始まる喜びと共に、産後のママたちを悩ませるのが「便秘」です。

妊娠初期から感じるお腹パンパンの不快感、産後に続くしつこい便秘。

そんな時、便秘マッサージ即効でトイレへ駆け込むこともあれば、2分で劇的に治す方法を探し求めることも。

この記事では、産後の便秘に悩むあなたに向けて、便秘解消に役立つツボを紹介します。

東洋医学が古くから伝えるツボ押しの知恵を活かし、産後の体調を整えるための手助けとなるでしょう。

妊娠中から始められるツボ押しで、快腸を目指しましょう。

はぴ子
はぴ子

この記事のポイント!

  • 産後の便秘はツボ押しで改善が期待できる
  • 効果的なツボには「天枢」「大腸兪」「神門」「湧泉」がある
  • ツボ押しは適切な方法で行い、リラックスした状態を保つことが大切
  • 産後の便秘には食生活や運動習慣の見直しも併せて行うことが効果的

産後の便秘解消に役立つツボとは?

産後のママにとって、便秘は大きな悩みの一つです。

ホルモンバランスの変化や、出産による体力の消耗、さらには授乳による水分不足など、さまざまな要因が絡み合って便秘を引き起こします。

しかし、そんな産後の便秘にも、ツボ押しによる改善が期待できます。

便秘マッサージ即効 トイレへの近道

便秘解消には、「天枢(てんすう)」というツボが効果的です。

お腹の左右に位置し、このツボを刺激することで腸の動きを活発にし、便秘解消につながります。

また、「大腸兪(だいちょうゆ)」は背中にあり、大腸の働きをサポートします。

これらのツボをマッサージすることで、即効性のある便秘解消が期待できるでしょう。

妊娠初期 便秘 お腹パンパンを解消するツボ

妊娠初期から続く便秘には、「三陰交(さんいんこう)」がおすすめです。

足の内側、くるぶしの上に位置するこのツボを刺激することで、全身の血流が改善され、便秘解消に効果を発揮します。

しつこい便秘を2分で劇的に治す方法

「合谷(ごうこく)」は、手の甲、親指と人差し指の間にあるツボで、全身の気の流れを整える効果があります。

このツボを刺激することで、しつこい便秘を劇的に改善することが可能です。

息を深く吸いながら、ゆっくりと圧を加えてみましょう。

うんちが出るツボ 即効で効果を実感

「足三里(あしさんり)」は、膝の下、外側に位置するツボで、消化器系の働きを助け、便秘解消に即効性が期待できます。

特に産後の体調不良で運動が難しい場合に、このツボを刺激することで、体内から便秘解消を促すことができます。

妊娠中 便秘 ツボで楽になるコツ

妊娠中の便秘に悩む場合、「湧泉(ゆうせん)」が効果的です。

足の裏、中央より少し上に位置するこのツボを刺激することで、自律神経を整え、便秘解消につながります。

また、「神門(しんもん)」は、手首の内側にあり、ストレス解消にも効果があるため、妊娠中の便秘には特におすすめです。

産後の便秘を改善するツボの全知識

産後の便秘解消には、ツボ押しが非常に有効です。

しかし、正しい知識と方法で行うことが重要です。

ここでは、産後の便秘に効くツボの全知識をお伝えします。

便秘解消に役立つツボの位置と押し方

産後の便秘解消に役立つツボは、主にお腹、背中、手、足に分布しています。

それぞれのツボの正確な位置と、効果的な押し方をマスターすることで、産後の便秘を自宅で簡単に改善することができます。

産後の便秘に効くツボマッサージのコツ

ツボマッサージのコツは、リラックスした状態で行うことです。

深呼吸をしながら、ゆっくりとツボを刺激しましょう。

また、痛みを感じたらすぐに力を緩めることも大切です。毎日続けることで、産後の便秘解消につながります。

便秘がちな産後の日々をサポートするツボ

産後は育児に追われ、自分の体調を二の次にしがちですが、便秘が続くと体調不良の原因にもなります。

そんな時、手軽にできるツボ押しで、産後の便秘を解消し、快適な毎日をサポートしましょう。

産後の快適な生活のためのツボ活用法

産後の快適な生活を送るためには、体調管理が欠かせません。

便秘解消に効果的なツボを活用し、体内から健康を取り戻しましょう。

ツボ押しは、産後のママにとって、手軽で効果的な体調管理法の一つです。

Q&A 産後の便秘に関するよくある質問

Q1: 産後の便秘はなぜ起こるのですか?

A1: 産後の便秘は、ホルモンバランスの変化、出産による骨盤底筋の緩み、授乳による水分不足など、複数の要因が組み合わさって起こります。

また、出産後の体力の低下やストレスも便秘を引き起こしやすくします。

Q2: 産後の便秘を解消するためにはどうすればいいですか?

A2: 産後の便秘解消には、適度な運動、バランスの良い食事、十分な水分摂取が重要です。

また、便秘に効くツボを刺激することも効果的です。

Q3: 産後の便秘に効くツボはどこですか?

A3: 産後の便秘に効くツボとしては、「天枢(てんすう)」「大腸兪(だいちょうゆ)」「神門(しんもん)」「湧泉(ゆうせん)」があります。

これらのツボを刺激することで、便秘解消に役立ちます。

Q4: ツボ押しはどのように行えばいいですか?

A4: ツボ押しは、息を吐きながらゆっくりと圧を加え、息を吸いながら力を抜く方法で行います。

心地よい圧を目安に、5~10回程度繰り返しましょう。

Q5: 産後の便秘で特に注意すべきことはありますか?

A5: 産後は体が回復途中であるため、無理な運動や食事制限は避け、体を休めることも大切です。

また、便秘が長期間続く場合は、医師に相談することをお勧めします。

効果的なツボ

  • 天枢(てんすう)
  • 位置:おへそから指三本分左右に位置します。
  • 効果:腸の動きを活発にし、便秘解消に役立ちます。
  • 大腸兪(だいちょうゆ)
  • 位置:背中の、腰骨の上側、背骨から左右に指二本分外側に位置します。
  • 効果:大腸の働きをサポートし、便秘や腰痛の緩和に効果があります。
  • 神門(しんもん)
  • 位置:手首のつけ根にある横ジワと、小指から手首に下した線が交わるあたりに位置します。
  • 効果:ストレスを和らげ、便秘の引き金となる心理的な要因を緩和します。
  • 湧泉(ゆうせん)
  • 位置:足裏の中央より、やや上側に位置します。
  • 効果:自律神経を整え、全身の血行を促進し、便秘解消に役立ちます。

これらのツボを定期的に刺激することで、産後の便秘解消に役立てることができます。

産後の便秘にツボ押しは効果が期待できる

まとめ

  • 産後の便秘はホルモンバランスの変化や体力の消耗など複数の要因が絡む
  • 便秘解消には「天枢」「大腸兪」「神門」「湧泉」などのツボが効果的
  • ツボ押しはリラックスした状態で、心地よい圧を目安に行う
  • 便秘マッサージは即効性が期待でき、産後の体調不良時にも適している
  • 妊娠中の便秘に悩む場合、「湧泉」が自律神経を整え便秘解消に役立つ
  • 産後の便秘解消には、適度な運動とバランスの良い食事も重要
  • ツボ押しの効果を高めるためには、規則正しい生活を心がけることが大切
  • 便秘解消のためのツボ押しは、医師の診断を受けた上で行うことが推奨される
  • 産後の便秘に関するよくある質問として、ツボの位置や押し方が挙げられる
  • 産後の便秘解消に役立つツボの全知識を知ることで、自宅で簡単に対処可能

※この記事は、消費者庁国民生活センター厚生労働省の発信する情報を基に作成しています。

  • この記事を書いた人

はぴ子

ボディケアが大好きな、リフレクソロジストです ♪ 小胸・剛毛・白髪に悩み、リンパの流れに興味をもち勉強。フットマッサージとヘッドマッサージで、女性に優しいケアをしています。

-産後便秘