スキンケア

毛穴ケアおすすめ!黒ずみ・開き・引き締めできる選び方

2022年10月2日

私の毛穴目立つんだけど、おすすめのケアってなに?

毛穴ケアってどうやってやればいいの?

という悩みに答えます!

 毛穴の黒ずみや開きって、意外と目立つから何とかしたいですよね。

最近のスマホは画像がキレイだから、写真を撮影すると肌のキレイ度が良く分かってしまいます!!!

 そこで、さまざまな毛穴ケアの方法と、それに役立つおすすめの化粧品をご紹介します。毛穴を健康でキレイに保ちたいという方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

毛穴ケアの方法を知って、近くで見られても自信のある肌を取り戻しましょう。

おすすめしたい毛穴ケアの選び方

毛穴ケア化粧品の選び方は、以下の3つになります。

選び方

  • 自分の肌質に合った化粧品を選ぶ
  • 毛穴ケアのために設計されている化粧品を選ぶ
  • 続けやすい値段かどうかで選ぶ

それぞれ、詳しくみていきましょう。

自分の肌質に合った化粧品を選ぶ

毛穴ケアするための化粧品は、自分の肌質に合った商品を選ぶことが大切。

オイリー肌(脂性肌)の人は、皮脂の分泌を抑えることができる毛穴ケアを選ぶとよいでしょう。

また、乾燥肌の人は、肌に潤いと栄養を与えることができる毛穴ケアを選びます。

毛穴ケアのために設計されている化粧品を選ぶ

毛穴ケアするための化粧品は、毛穴に特化した特徴を持つブランドを選びます。

毛穴の悩みを解消できる化粧品はたくさんありますが、成分が少しずつ違うのでラベルをよく読んで、実際に毛穴の目立ちを抑える効果のある製品を見つけるようにしましょう。

続けやすい値段かどうかで選ぶ

毛穴ケアするための化粧品は、多くの高品質の製品がありますが、かなり高価なことも。

ですから、予算がないときはプチプラの毛穴ケア化粧品がおすすめです。

このように、毛穴ケア化粧品を選ぶ際のポイントを押さえれば、自分に合った毛穴ケア化粧品を選ぶことができます。

毛穴ケアできる化粧の特徴

毛穴が大きくなってしまわないように、きれいで透明感のある肌にしたいですね。

毛穴ケアできる化粧品には、毛穴の内側にあるすべての汚れやオイルを削除するクレンジングや毛穴を引き締め、毛穴が大きくなるのを防いでくれる化粧水・美容液などがあります。

毛穴が大きくなると、肌が老けて見えたり不健康に見えたりするので、肌をケアすることでもありとても大切なことなんです。

黒ずみをクリアにする

黒ずみができるのには、毛穴の皮脂を分泌する役割を持つ皮脂腺が過剰に働いている可能性があります。

毛穴が大きすぎて、皮脂やゴミがより多く閉じ込められていることも考えらます。

古い角質が効率よく剥がれ落ちず、毛穴をふさぐ細胞が蓄積し、皮膚に細菌が過剰に繁殖していることも考えられるので洗顔やクレンジングが基本となります。

皮脂、メイクを落とすことが大切ですから、定期的に肌の角質を取り除くことで、毛穴を詰まらせる古い角質を取り除き、黒ずみを防ぎましょう。

毛穴をきれいにする化粧水でも、毛穴を清潔でクリアに保てますよ!

毛穴の開きを引きしめる

毛穴ケア化粧品は、毛穴の開きを引き締めることができ、シミを最小限に抑え、より均一な肌のトーンを与えることができます。

また、毛穴ケアメイクは、皮脂の分泌をコントロールすることができ、マットでテカリのない肌を保つことができまよ!

商品の特徴から選ぶ

クレンジングには、主に8つのタイプが販売されており、それぞれに特徴や使いやすさがあります。

慣れていないと使い方が難しい場合があるので、自分に合った種類を選ぶようにしましょう。

  • バームタイプ
  • ローションタイプ
  • ジェルタイプ
  • ミルクタイプ
  • クリームタイプ
  • オイルタイプ
  • ポイントメイクリムーバー
  • シートタイプ

それぞれの特徴や配合されている有効成分が異なるので、自分のニーズに合ったものを選ぶことが大切です。

商品のタイプタイプ特徴おすすめの人肌への負担クレンジング力
バーム
タイプ
洗浄力が高い
メイクを包んで落とす
肌の潤いも守りつつ
スキンケアしたい方
少ない強い

ローション
タイプ
サラッとしていて
オイル不使用のものもある
まつエクしている人
ジェル
タイプ
オイルフリー水性
オイルイン水性
油性ジェルの
3タイプがある
肌の摩擦が気になる方大きい
ミルク
タイプ
肌触りが滑らかで
肌に優しい
敏感肌の方少ない弱い
クリーム
タイプ
肌に優しく
クレンジング力高め
敏感肌の方
乾燥肌の方
少ない
オイル
タイプ
洗浄力が最も高い濃いメイクの方大きい強い
ポイント
メイク
リムーバー
アイメイクや
マスカラリムーバー等
用途に合わせて
ポイントで
使いたい方
シート
タイプ
ふき取るだけの手軽さ外出先で使いたい方大きい弱い
クレンジングのタイプ一覧表

バームタイプのクレンジング

クレンジングバームはとろみがあるので、肌への密着度が高く、メイクや汚れがより浸透しやすくなっています。クレンジング力が高く、メイクや皮脂を効率よく落とすので、通常2回目の洗顔は必要ありません。また、毛穴や古い角質、くすみなどの肌トラブルの除去にも効果的なクレンジングです。さらに、肌にうるおいを与えることで、くすみを予防します。

ローションタイプのクレンジング

クレンジングローションは、通常コットンに含ませて使用する、軽い洗浄力の洗顔料の一種です。拭き取り化粧水、クレンジングウォーター、クレンジングリキッドとも呼ばれ、界面活性剤の力を利用して汚れを落とします。しかし、洗浄力を高めるために添加できる界面活性剤の量には、安全基準上、限界があります。そのため、クレンジング力はあまり高くなく、コットンで拭き取るという行為が必要になります。

ジェルタイプのクレンジング

クレンジングジェルは、毎日のスキンケアの一環として使用されることが多いです。洗顔料、化粧水、保湿剤など、多くのスキンケア製品がジェル状になっています。ジェル状の洗顔料は、固形石鹸など他のタイプの洗顔料に比べて乾燥しにくいため、好んで使用される方も多いです。さらに、ジェルタイプのクレンジング剤は、ニキビ肌の人にとっても有益で、肌本来のうるおいを奪うことなく、余分な皮脂を取り除くのに役立ちます。

ミルクタイプのクレンジング

ミルククレンジングは、肌にやさしくメイクを落とすことができるクレンジングです。肌に必要なうるおいを残すので、乾燥肌や敏感肌の方にも適しています。牛乳に含まれる乳酸が古い角質を取り除き、脂肪とタンパク質が肌にうるおいを与えて保護します。

クリームタイプのクレンジング

クリームクレンジングは、クリーム状のテクスチャーを持つ洗顔料の一種です。肌にやさしく、かつ効果的に汚れを落とすことができます。また、保湿力が高いので、乾燥肌の方にもおすすめです。

オイルタイプのクレンジング

オイリーオイルタイプは、濃いメイクも簡単に落とせます。ただし、クレンジング力が強い分、肌への負担が大きいので、タイプ選びには注意が必要です。一方、素早く落とせる分、クレンジングが肌に乗っている時間が短く、摩擦も少ないので、肌への刺激が少ないといえます。また、ウォータープルーフのメイクも落とすことができるため、濃いメイクをする方にも好評です。ただし、使用者の中には、肌が乾燥してつっぱるという人もいるので、自分の肌質に合ったバランスを見極めることが大切です。

ポイントメイクリムーバータイプ

ポイントメイクリムーバーは、アイメイクやリップメイクなど、特定のメイクを落とすために作られた専用のクレンジング剤です。ポイントメイクリムーバーの中には、アイメイクリムーバーやマスカラリムーバーなど、よりデリケートなメイクに対応したものもあります。ポイントメイクリムーバーを選ぶ際には、落としたいメイクの種類に合ったクレンジングを選ぶことが大切です。

シートタイプのクレンジング

クレンジングシートにクレンジング剤を染み込ませて、拭き取るように使用します。洗い流す必要がなく、メイクを拭き取って顔全体を拭いてメイクを落としたら次のスキンケアのステップに進むだけなので、使い勝手がよいのが特徴です。一般的に、このシートのクレンジング力はそれほど高くはありませんが、摩擦によって力を発揮するものもあります。シート自体は通常、コットンなど何らかの繊維でできており、使いやすく、1回使用したらすぐに捨てられます。手早く簡単にメイクを落としたいという方におすすめです。

おすすめ毛穴クレンジング

商品名ビューティークレンジングバーム
ディープブラック
アスハダ
ホットクレイクレンジングバーム
ヒーロー
クレンジング
ピュアクル
ラクアワクレンジングフォーム
FACEE
クレンジングジェルバーム
種類クレンジングバーム炭入りクレイ入り温感バーム拭き取りクレンジングクレイ入り発泡クレンジングジェル×バーム
オイルオイルインオイルインかなり少なめオイルインオイルインオイルイン
内容量90g60g230g60g130g
無添加695
美容成分5343312473
解約いつでもOKいつでもOKいつでもOKいつでもOKいつでもOK
返金保証なし永久返金保証全額返金保証30日間全額返金保証返金保証
定期初回1,980円1,884円
クーポン300円にて
1,554円
2,980円
1000円クーポンにて1,980円
2本お届けで2816円
1本あたり1,408円
1,980円
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ
口コミ口コミを見る口コミを見る口コミを見る口コミを見る口コミを見る

毛穴ケアおすすめで知っておきたいこと

毛穴の大きさは遺伝するの?

毛穴の大きさは遺伝によって決まると言う人もいれば、生活習慣やスキンケアの選択に影響されると言う人もいます。

例えば、ある研究では、一卵性双生児では年齢とともに毛穴の大きさが大きくなりますが、二卵性双生児では大きくならないことがわかりました。このことは、毛穴の大きさには遺伝的要素があることを示唆しています。

どちらにしても、スキンケアをすることが大切です。

毛穴の大きさは日焼けや紫外線の影響を受けるの?

紫外線が毛穴の開きを引き起こす1つの原因であることは確かです。

毛穴の大きさは、毛包の開口部の大きさによって決まります。皮脂腺は毛包とつながっていて、皮膚を潤滑にし保護する皮脂を分泌しています。

皮脂腺の大きさは、ホルモンによって決まり、紫外線を含むさまざまな要因によって影響を受けることがあるんです。

ですから、毛穴の大きさが気になる場合は、日焼けを避け、広いスペクトルの日焼け止めを使用しましょう。

毛穴の大きさは年齢やホルモンが関係している?

毛穴の大きさは年齢やホルモンに関係しています。

なぜなら、加齢に伴い、皮膚は薄くなり、弾力性がなくなります。そのため、毛穴が大きくなり、目立ちやすくなります。

ホルモンの変化も、毛穴を大きくする原因になります。皮脂分泌が多くなると、毛穴が詰まり、大きくなってしまうのです。

そのため30代よりも40代の方が毛穴が目立ちますし、さらには50代の方が毛穴で悩む人が多い!

毛穴ケアおすすめまとめ

この記事では「毛穴ケアおすすめ」についてまとめました。ここで記事の内容を振り返っておきましょう。

まとめ

  • 毛穴ケアは肌に合った化粧品を選ぶ
  • 毛穴ケアは年齢を重ねるごとに深刻化する
  • 紫外線予防は毛穴ケアになる

  • この記事を書いた人
Avatar photo

はぴ子

自分の悩みだった小胸・抜け毛・ダイエット・スキンケアについて興味を持ち、化粧品検定3級取得。同じ悩みを抱える女性に役立つ情報を発信。アラフォーでも美しいボディを作り上げ自分らしく過ごしましょう♪

-スキンケア