体重の悩み

脂肪燃焼に効果的なウォーキング|時間帯によってのデメリットとは?

脂肪を燃焼させたいけれど、どうすれば日課として継続できるのか分からないという人は、ウォーキングが解決策になるかもしれません。

この記事では、脂肪燃焼に効果的なウォーキングの方法について紹介します。

はぴ子

この記事はこんな人におすすめ!

  • 最近体型が気になる人
  • 手軽に始められるダイエット方法を知りたい人
  • ウォーキングを続けられない人
  • どれぐらいウォーキングすればいいか分からない人

また、ウォーキングにおすすめの時間帯やその理由から、おすすめできない時間帯、長すぎるウォーキングのデメリットまでを取り上げていきます。

それでは、さっそく脂肪燃焼のためのウォーキングガイドをご覧ください。

脂肪燃焼に効果のあるウォーキング時間はどのくらい必要?

ウォーキングで脂肪を燃焼させたいなら、最低でも20分は歩いたほうがいいです。

統計によると、体が脂肪を燃やすのに必要な最短時間は、通常20分です。脂肪を最大限に燃焼させるためには、自分の快適なレベルより少し上の平均ペースで歩くことを目標にするとよいでしょう。

そうすることで、体が運動に慣れ、より多くのエネルギーを使うようになり、その結果、より多くの脂肪を燃焼させることができます。

特に、短時間の高強度ウォーキングが効果的です。数分間はかなり速いペースで歩き、その後は自分の快適なペースで「休憩」するのです。

時間が経つにつれ、ウォーキングで脂肪が燃焼され ていることに気づくはずです。

しかし、何時間も歩き続ければ、疲れてしまいます。

体への負担が大きければ大きいほど、脂肪は燃えにくくなりますので、最低でも20分、長すぎない距離のウォーキングをおすすめします。

また、ウォーキング中に水をたっぷり飲むと、さらに脂肪を燃焼しやすくなるという研究結果もあります。

20分のウォーキングの場合、およそグラス2~3杯で十分です。

例えば、ナイキの高性能ランニングシューズやウェアは、汗を吸い取り、できるだけ快適に歩くことができるように設計されています。

さらに、スマートフォンで進捗状況を確認すれば、歩いた時間や距離を把握することができます。

テクノロジーのおかげで、以前よりも簡単にウォーキングの進捗を確認し、脂肪燃焼が期待できる体の変化を意識することができるようになったのです。

脂肪燃焼に効果のあるウォーキングする時間帯は?

脂肪燃焼に最も効果的な時間帯は、空腹時にウォーキングをすると脂肪燃焼しやすくなるという統計結果が出ています。

体の仕組みとして、脂肪を燃やすときに糖質が多いと、糖質を燃やした後に脂肪を燃やすことが優先されるのだそうです。

お腹が空いているときは、体は低糖質の状態なので、脂肪燃焼が優先されるのです。

そのため、脂肪を燃焼させたいのであれば、空腹時のウォーキングがおすすめです。

また、時間帯でいうと、午前中に歩くよりも午後に歩く方が痩せやすいと言われています。

これは、夕方から夜にかけてはエネルギーを消費しやすい時間帯であるという体の仕組みがあるからです。

朝食などの食事を摂った後の体は、すでに炭水化物の流入を想定しているので、午後から夜にかけての時間帯は、体が蓄えている脂肪に手を出しやすくなっているのです。

さらに、1日の後半になるにつれて食事を摂る時間が短くなるため、持続的なエネルギー消費を続けるためには、脂肪の蓄積に頼らざるを得なくなるのです。

このように、午後のウォーキングは最も効果的で簡単なダイエット方法なのです。

ウォーキングしても脂肪燃焼をしにくい時間帯がある

夜にウォーキングをするのはおすすめできません。というのも、就寝直前にウォーキングをすると、体が興奮状態になっているため、眠りにつくまでに時間がかかってしまいます。

そのため、睡眠不足になり、1日中疲れを感じやすくなり、さらに脂肪燃焼の妨げになることがあります。

さらに、睡眠不足になると体は緊急モードに入り、より多くの脂肪を蓄え、保存するようになり、結果的に体重が増加します。

また、甘いものや加工食品が食べたくなることもありますが、これらはすぐに脂肪として蓄積されることになります。

さらに、慢性的な疲労に悩まされている人は、脂肪を燃焼させるのに苦労することになります。

疲れた身体は蓄えたエネルギーを探し出し、身体活動が激しくなることを承知で、代わりに脂肪燃焼を蓄えるプロセスに飛びつくため、希望の減量目標を達成することがより難しくなります。

脂肪燃焼をさせるために長時間ウォーキングをするデメリットとは?

長時間ウォーキングのデメリットは、ウォーキングは20分以上行うことが推奨されているとはいえ、あまり長時間行うのはよくありません。

なぜなら、長い距離を長時間歩くと、必ず体に疲労や負担がかかるからです。

ウォーキングの効果を実感し、体の代謝を上げるためには、適度なペースで歩くことが大切で、急に長距離を歩き始めるのは危険です。

また、長時間歩いたからといってすぐに体重が減るわけではなく、適度なウォーキングを数週間続けることで体に変化が現れ始めます。

また、疲労が蓄積すると心身ともに不健康になります。

脂肪が燃焼しにくい体質になり、適切なケアをしないとさらに疲労や倦怠感が蓄積する可能性があるので注意が必要です。

脂肪燃焼や運動を目的としたウォーキングに加え、定期的なウォーキングの効果をきちんと享受できるよう、体に十分なエネルギーと燃料を確保するために、抗酸化物質が多く含まれ、高糖分の加工食品を含まない健康的な食生活を送ることが不可欠です。

脂肪燃焼の効果を高めるウォーキングまとめ

自分の体をどうしたいのかを明確にし、どこまで歩くのか、毎日なのか、どの時間帯に歩くのか、無理のない範囲で選択することが大切です。

長距離を長時間歩いたからといって、すぐに痩せられるわけではないのが現実です。

どんな運動でも現実的で達成可能な目標を設定することが大切で、定期的にウォーキングをする場合は、最初は少ない距離から始めて徐々に距離を伸ばしていくのが得策かもしれません。

短期的にも長期的にも、適度な強度のウォーキングを頻繁に行い、長い距離を歩くようにすることは、脂肪燃焼を成功させ、持続させるために有効です。

また、ウォーキングの長さや頻度を調整する際には、精神的・身体的な面も考慮する必要があります。

友人と一緒に行ったり、音楽を聴いたりすると、より楽しく、より成功しやすいでしょう。

また、水分補給は身体的・精神的な健康のために重要です。

このように、ウォーキングは脂肪燃焼と健康増進に効果的な方法なのです。

最新のダイエットサプリはこちら

HOTSHOT(ホットショット) ※980円で定期縛りなし

健康補助食品 GMP 認定を取得した国内工場で製造なので安心!

HOTSHOTホットショット口コミ悪い?40代ダイエットWaitlessレビュー

続きを見る

減脂Gin(ゲンシジン)※1,490円で定期縛りなし

機能性表示食品届け出済みで、国内自社工場を持つ製薬会社がフルサポート!

減脂GIN 口コミ
減・脂・GINゲンシジンの口コミは悪い?健康サプリの効果を分析

続きを見る

おすすめの酵素ドリンクが知りたい」という方に、こちらの記事にて最新の酵素ドリンクがございますので時間がある方はどうぞご覧ください!

おすすめのダイエットコルセットが知りたい」という方に、こちらの記事にて最新のダイエットコルセットがございますので時間がある方はどうぞご覧ください!

  • この記事を書いた人
Avatar photo

きりたん

新しい化粧品、特に低価格の化粧品を試すのが大好きです。いろいろな表情やスタイルを試し、自分に合う新しい製品を見つけるのが大好きです。SNSで共有したり情報を発信することで、誰もがいろいろな化粧品を試し、自分に合うもの見つけるきっかけになったらいいなと思います。

-体重の悩み
-