肌の悩み

脇匂い対策市販のおすすめ|制汗剤の特徴などを解説

2023年1月23日

汗をかいたとき、恥ずかしくて意識してしまうことはありませんか?

あるいは、何度も洗濯しているのに、いつも服に臭いがついてしまう?

もしそうであれば、是非この記事を参考にしてみてください。

今回は、脇の臭いの市販の対策についてお伝えします。

はぴ子

この記事はこんな人におすすめ!

  • 汗っかきで臭いが気になるという人
  • 制汗剤の種類が多くて何が自分に合うか分からない人
  • 産後の身体の変化で体臭がきつくなった人

制汗スプレー、スティックタイプの制汗剤、シートタイプの制汗剤などについて解説していきます。

それでは早速、脇の下の臭いを抑える方法をご紹介します。

脇の匂い対策おすすめの方法

市販で売られている脇の臭い対策のおすすめとして、様々な種類の制汗剤があります。

ここでは、それぞれの制汗剤の特徴・おすすめの使い方などを紹介します。

制汗スプレーの制汗剤

スプレータイプの制汗剤はこまめに振りかけることもできますし、簡単に持ち運べて手軽に使うことができるので、学生やOLの方まで幅広い世代の方が使いやすいです。

制汗スプレーは、処方や香りのバリエーションが豊富で、自分に合ったものを見つけやすいのが特徴です。

制汗スプレーの多くは、アルミニウム塩を使用して汗腺から汗が放出されるのをブロックする仕組みになっています。

制汗スプレーの主な利点は、従来のスティックやロールオンよりも長持ちし、汗や体臭を長時間防いでくれることです。

多くの制汗スプレーには、アルミニウムの乾燥から肌を守るコンディショニング剤や、フレッシュで清潔な気分になるための香料などの成分も含まれています。

さらに、制汗スプレーの多くは過剰な発汗を抑える効果があるため、ひどい発汗や多汗症の方にとって実用的なソリューションとなっています。

制汗スプレーのもう一つの利点は、スティックやロールオンよりも均一に塗るのが簡単で、どんな体型にも対応し、完全にカバーできることです。

最後に、制汗スプレーは通常他のオプションと比較してより手頃な価格であり、迅速かつ慎重に使用するために簡単に保存することができます。

スティック対応の制汗剤

スティックタイプの制汗剤は、お風呂上がりや家を出る前など汗をかく前に使います。

汗をかいた後の不快な気分やニオイをあらかじめ防いでくれるので、一日中安心して過ごすことができます。

塗るのも簡単ですし、成分が敏感な肌にもやさしいので、効果が薄れても刺激に悩まされることはありません。

もちろん、ベタつきや油っぽさもなく、瞬時に毛穴に浸透し、フレッシュで自信に満ちた肌にしてくれます。

どんな活動や仕事をしていても、一日中ドライな状態を保つことができます。さらに、従来のデオドラントのような不自然な化学物質や重い香りはありません。この制汗スティックは、マイルドで心地よい香りと長時間のお肌を保護してくれます。

シートタイプの制汗剤

シートタイプの制汗剤は、いい香りと汗を吸収するパウダーがあるだけでなく、自分が気になる箇所をピンポイントで拭くことができるので使いやすいです。

使い方は簡単で、気になる部分にピンポイントで、さっと拭き取ることができます。

他の制汗剤やデオドラントとは異なり、かさばらず、財布やバッグの中に簡単に入れることができます。

外出先での使用にも便利なトラベルサイズも、ほとんどのドラッグストアで購入することができます。

ロールオンタイプの制汗剤

ロールオンタイプの制汗剤は、制汗剤の液体を薄くピンポイントで気になる箇所にコロコロとつけることができるので、手を汚さずに簡単に使うことができます。

制汗液が気になる部分に薄くピンポイントで塗布できるためで、通常の制汗剤よりもはるかに簡単かつスピーディーに塗布することができます。

さらに、ロールオンタイプの制汗剤は、周囲の他の部分が濡れたままになるのではなく、気になる部分を具体的に狙える可能性が高くなります。

このタイプの制汗剤を直接肌に塗る方法は、スプレーやスティックタイプの制汗剤よりも汗や臭いをよりよくブロックすることができるのです。

ロールオンタイプの制汗剤はすぐに乾くので、他のタイプのように後に残ることはありません。

ウォータータイプの制汗剤

ウォータータイプは手に適量出して体の大部分に浴びるようにつけることができます。ピンポイントというよりは全身に使いたい方におすすめです。

汗をかきやすい部分にピンポイントで使用するのではなく、全身に使用したい方におすすめです。

また、汗を吸収して引き離すことに特化したパウダーを配合し、肌のうるおいを保ち、汗による乾燥や皮むけから肌を守るために処方されています。

脇の匂い対策市販のメリット

市販で脇の臭い対策するメリットとしては、誰でも入手しやすく比較的安価であることです。

用途別の商品のラインナップが揃っているので手に取りやすく試しやすいです。

また、体臭の原因となる細菌やアレルゲン、臭いを抑える抗菌剤や、汗の量を自然なバランスに保つ調汗剤も配合されています。

さらに、敏感な方のために、肌や感覚を刺激しないマイルドで優しい成分を配合しているのも特徴です。

OTCは高価な処方薬よりもコストパフォーマンスが高い場合が多く、消費者自身の判断で使用でき、医師の診察も必要ないため便利です。

また、市販品の多くは長期にわたって使用できるため、短期的だけでなく長期的にも経済的なメリットがあります。

脇の匂い対策市販のデメリット

市販の腋臭対策用品のデメリットとしては、購入費用が継続的にかかることや、人によっては刺激やアレルギー反応を起こし、不快感やかゆみ、赤みなどを引き起こす可能性があります。

また、市販品の中には、マーケティング戦略とは裏腹に、ニオイに効果的でないものも少なくありません。

1日に何回もこまめに使わないといけないこともあるので、面倒くさいと感じることはあります。

市販で脇の匂い対策をおすすめ出来る人

運動している人

運動を毎日している人は必ず汗をかくので、手軽に手に入る市販のものは使いやすいです。

汗っかきの人

どんな気候でも汗をかく人・体質的に汗をかきやすい人はこまめに制汗剤を使わなければなりません。

市販のものはコスパもいいのでおすすめです。

授乳中の人

授乳中の人・産後の変化でニオイがきつくなり、気分も落ち込みやすくなります。

一時的にでも気分を良くするためにも市販のものでこまめに塗り直すことがおすすめです。

市販で脇の臭い対策する

市販の制汗剤は手軽に入手でき、用途に応じた多くの種類があるため、使い勝手がよいのが特徴です。

より専門的な制汗剤をお求めの方には、塩化アルミニウムや塩化アルミニウム水和物など、発汗を抑える有効成分をさまざまな濃度で配合した製品が多くあります。

また、クリームやスティック、ジェル、スプレーなど、さまざまな形態の製品があり、用途を問わず誰でも簡単に使用することができます。

さらに、これらの制汗剤には、効果を高めるために、保湿剤、香料、ミネラル化合物などの成分が追加されていることが多いようです。

制汗剤は使わないより使った方が効果的なので、試しに使ってみたいという方には、市販の制汗剤の使用をおすすめします。注意点としては、制汗剤はあくまで汗が皮膚表面に到達するのを防ぐだけなので、通常の脇の下の衛生管理の代わりに使ってはいけないということです。

制汗剤を使用する場合も、定期的な洗濯とこまめな着替えを実践する必要があります。

さらに、制汗剤の効果を最大限に発揮させるために、使用前に使用期限を確認することが重要です。

制汗剤が使用期限を迎えたら、廃棄して二度と使用しないようにしましょう。

  • この記事を書いた人
Avatar photo

Kinoyan

美容コスメのオタクで今まで100種類以上の化粧品を試してきました。女性の美容に関する悩みに寄り添い、美しさを追求するお手伝いをします。

-肌の悩み